So-net無料ブログ作成

小春日和の中で [私生活]

房総半島の紅葉も終わり周りの風景も次第に寂しくなってきました。  

裏山を散策しながら目に付いた草花などの画像をデジカメに納めたので、その画像をUPしてみます。

撮影日11月29日

IMG_0111 冬の堰9.JPG散策に出掛けた当日は絶好の小春日和

木の電柱が昭和の頃を思い出させる。

堰から流れ出る小川

IMG_0115 冬の堰8.JPG  IMG_0114 冬の堰7.JPG

小川にはシダや苔がビッシリと生えています。

ちなみにここら辺は蝮の宝庫なので夏場に軽装で近寄ることができません。

この時期は殆どの草花が枯れ、見て楽しめる野草はないのかと言うとそうでもないみたいです。

IMG_0125 冬の堰2.JPG  IMG_0124 冬の堰3.JPG

名前は判らないけれど昔からよく見かける花々

IMG_0119 冬の堰4 タカサゴユリ.JPGお嬢が山ぶどうの実だと言って食べてました。

インターネット検索によると「タカサゴユリの実」

 誰が何と言おうとカラスウリです。IMG_0118 冬の堰5.JPG 

IMG_0121 冬の堰6.JPGはて、これは何の実でしょう?

最後に日本が戦争をしていた頃の名残でもある石切場を利用した防空壕IMG_0110 冬の堰1.JPG

正面奥にはトンネルがあり、トンネルの中は予想以上に広かったです。(さすが防空壕)

あと、画像にはありませんが戦争当時は高射砲が配備されていた断崖もあり、この国で戦争があったことを実感させられます。

小春日和の中で山道を散策したら、何か心を洗われる気分になりました。

過去にもこの裏山を題材にした記事があります。そちらもご一緒に御覧下さい。

http://yume-akiramenaide.blog.so-net.ne.jp/2007-12-02-1

[イベント] 

あと、何日かすれば発表です。

受かっていようがいまいが、心の準備は出来ている。

でも、やっぱり受かりたいよね。


コメント(4) 
共通テーマ:資格・学び

コメント 4

コメントの受付は締め切りました
ガチャピン

ひゃ~。いいとこに住んでいますね。。
散歩コースに自然がいっぱい。

私の子供の頃は、こちらもこのような感じだったんですけどね。。
なつかしいです。
by ガチャピン (2008-12-04 16:21) 

プリンスメロン

ガチャピンさん、こんばんは

こっちに有るのは自然ばかりで、他は何もないんですよ^^;
専門学校ないし、働き口も少ないし、JRも一時間に一本だし、不便極まりないです。
住むには良いんですけどネ…

房総は車でぶらっとドライブするのが楽しいですよ。
GWや夏場を除けば渋滞することは殆どないから、色々な所を沢山回れます。
ではでは
by プリンスメロン (2008-12-04 22:55) 

じん

自然が沢山あっていいですね~
4枚目5枚目の写真の花はピンクがアザミで青いのがリンドウっぽいですね
子供の頃は目もくれないで遊びまわっていたのに
大人になって草木に関心が出てきて
自然のありがたさとか歴史的な地理背景とか
しみじみ思うことが増えてきました
でもやっぱりそうやって自然の中で遊んでいたからこそ
当然のものから、ありがたみという考えに変わるのかもしれないと
結局はノスタルジックな感じなんですかね
by じん (2008-12-05 19:45) 

プリンスメロン

じんさん、おはようございます。

そうか名前が出てこなかったけれど「アザミ」か~
子供の頃は知っていたけれど、大人になって草花の名前を忘れていました。(あれ? じんさん と逆だったりして)
東京湾には歴史的な背景で建てられたもので「第一海堡」と「第二海堡」があります。
それは日本が戦争中に敵が東京湾に侵入してきたときの備えとして作った要塞でしたが、現在は渡し船で行く釣りのメッカになっています。
天気の良い日などは富津岬から二つとも見えますよ!

私の場合は物心が付いたときから、この環境の中で暮らしてきたからか自然のありがたさをあまり考えなかった気がします。
しかし、最近は地球規模での環境破壊を目にし、耳にする機会があり、自然の恵みが「当然の恩恵ではない」ことをしみじみ感じています。
そんな訳で自分ができることから取り組み、少しでもゴミを出さないとか、節水するとか、エコ活動の真似事をしています。
ではでは

by プリンスメロン (2008-12-06 08:32) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。