So-net無料ブログ作成
検索選択

レッドクリフ [私生活]

12月7日の日曜日は エイクスワイジー・シネマズ蘇我 で、 レッドクリフ を観てきました。

ていうか、まだ赤壁で戦っていませんが

それはPrat2でのお楽しみということで4月に公開予定だそうです。

劇場による作品紹介

はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、諸葛亮孔明(金城武)と周瑜(トニー・レオン)はともに協力し、連合軍を結成。だが連合軍の数はわずか6万、片や曹操の軍勢は80万で、その兵力の差は誰の目にも明らかだったが……。

もう少し詳しく歴史上の背景を説明すると

西暦184年頃の中国では、後漢末期にあり皇帝の権力は無いに等しく、その権力は宮中を仕切る宦官に握られていた。

また、国内に目を向けると黄布の乱により中国全土が内乱状態に陥ってた。

その乱れた漢王朝を憂いて立ち上がろうとしたのが、漢の皇帝の流れを汲む血筋の末孫で今は落ちぶれて農民に身を落としている「劉備」であり、その人物に惚れ込んで「関羽」と「張飛」が義兄弟の契りを結ぶ、そして三人は近くの桃園で酒宴の席を設ける。これが世に言う「桃園の誓い」です。

その後、劉備が新野の城主であるときに領内に住む大賢者という諸葛孔明に逢いに行くが1、2回目は留守で逢えず3回目にしてようやく逢うことが叶い、その時に私を助けてくれまいかという劉備の願いに対して孔明は、「私の様な一農夫に対して三顧の礼を尽くしてくれたことに報いるためにお仕えさせていただきます」と返事したそうです。これが世に言う「三顧の礼」です。

その頃、呉では孫権(孫子の子孫)によって納められており、その水軍提督が「周瑜」でした。

あっ、「曹操」について忘れる所でした。曹操はこの時すでに中国全土の6割以上を治めており、漢の皇帝も丞相である曹操には逆らえずいいなりの状態でした。

また、赤壁の戦いの後に劉備が蜀を建国し、これにより『魏の曹操』『呉の孫権』『蜀の劉備』によって孔明が唱えた国家3分の計が実現するに至ります。

観た感想

監督がこの映画のテーマは、「勇気」「友情」「愛」と明言しています。

勇気は、大軍に立ち向かう勇気、同盟を信じる勇気?、死も恐れない勇気?辺りを伝えたいのでは

友情は、孔明と周瑜の友情を描こうとしているが、三国志での友情といえば当然ながら桃園の誓いの3人も見逃せません。

愛は、周瑜と小喬との愛、劉備達の領民に対する愛という形で伝えようとしていると思います。

あと、この映画の中心にいるのが周瑜と孔明ですが、Prat1では周瑜を中心に話しが展開しているように見えました。

たぶん曹操の小喬に対する想いを描写するためなのでしょうが、あくまでも赤壁の戦いは天才軍師孔明のデビューであり、孔明なしでは語れないのです。

それを考えるとPrat2での孔明からは目が離せません。

Prat2では、赤壁の戦いのメインとなる水上戦は、あっと言う間に終わってしまうので、戦後処理に時間が費やされるのではないかと考えています。

私の予想ではPrat2開始30分位で水上戦を終わらせ、戦後処理の中で3つのテーマを伝えて行くのではないかと思います。

いずれにしてもPrat2が楽しみです。

おまけ

20世紀少年のPrat2が1月末に公開で、しかもPrat3も有りそうだし

レッドクリフのPrat2も4月公開だし

観に行く暇があるかなぁ~

[映画]

プリメロのお薦め度★★★★☆


コメント(4) 
共通テーマ:資格・学び

コメント 4

コメントの受付は締め切りました
ダヤン

プリメロさん、こんばんは

レッドクリフ観られたのですね。
★が4つとはかなりのお勧めですね。
いろいろな方が観られていて「面白い」って感想なので、来週あたりにでも観たいかも?

20世紀少年のPrat2もあるのですね。
これって怖い話なんですか?
私、Part1の「けーんーじくん、遊びましょ」ってCMがめっちゃ怖かったのですが・・・(((( ;°Д°))))

あと、奥様達は何を観られたのですか?
ちょっと気になったダヤンでした。

by ダヤン (2008-12-09 21:45) 

華

プリメロさん、こんばんわ♪
(^^)


ブログ終了しましたので、リンク解除してくださいませ。
お願いします。
m(__)m


っていうか、一度くらいはオフ会っていうのに参加してみたかったですよ~・・・。

まっ、遠すぎてムリですけどね・・・。
(T T)


では、また合格発表の頃にでも冷やかしに(?)くるかもしれません(笑)


じゃ、また♪
(^^)y
by (2008-12-10 01:19) 

プリンスメロン

ダヤンさん、こんばんは

三国志が好きな人にはお薦めです。
ただし、Prat1はストーリー的にPrat2を楽しく観るための序章みたいな感じがしました。
私の知っている三国志では小喬の話しをそれほど深く掘り下げていないので、Prat2でどこまで引っ張る気なのか興味があります。(笑)

20世紀少年は『けんじ君達』が子供の頃に秘密基地を作り、そこで地球征服計画を練る遊びをしていました。(私達の世代は似たような事をしてる)
そんな子供の頃の遊びのことなどすっかり忘れて大人になった『けんじ君』の周りで、その地球征服計画が実行されるという話しです。
また、その実行者がカルト教団の教祖みたいな『おともだち』です。
第一章の終わりには、そのカルト教団が政権を握ってしまう辺りがナチスのようなオウムのような感じです。
長く説明しましたが、そんなに怖い話しではないですよ。
あとは観てのお楽しみということで(^^)

それから二人はハッピーフライトを観てました。
ではでは
by プリンスメロン (2008-12-10 19:55) 

プリンスメロン

華さん、こんばんは

たった一年のお付き合いだったけど、とっても楽しかったよ。
これからも良いお友達でいようネ。
        ↑
昔、高校生の時に付き合っていた彼女の別れ言葉を使ってる。
ていうかそれから音信不通だし…
あっ、高校の時の話しネ

御存知の通り携帯を持っていないので、パソコンのメアドをお教えします。
ubonuota@jt8.so-net.ne.jp
メアド交換をしておけば、いつか二人は巡り会えるかも(>_<)
ではでは
by プリンスメロン (2008-12-10 20:10) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。