So-net無料ブログ作成

映画2本立て [私生活]

今日は朝から映画を2本観て来ました。

誰も守ってくれない

劇場による作品紹介

殺人犯の妹になった少女と、彼女を保護する刑事の逃避行を通じて日本社会の理不尽さを問う社会派ドラマ。
平凡な4人家族の船村家で、ある日、一家の未成年の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は容疑者家族の保護を命じられ、保護マニュアルに従って15歳の沙織(志田未来)をマスコミの目、そして世間の目から守るため、ホテル、アパート、マンションと逃避行を始める。
過熱するマスコミ報道と容疑者家族の保護をテーマにした問題作。

出演:佐藤浩市 志田未来 

予想以上に完成度の高い映画でした。 

しかし完成度に反して興行的には伸び悩む作品となってしまったようです。

それは、あまりにもテーマが重すぎることが、却って客足を鈍らせたのかも知れません。

さて、

この映画の見所は、何と言っても「志田未来」扮する沙織の感情の変化です。

前半は自分の置かれた立場がなかなか理解できず、中盤での自分の立場をようやく理解し始めた頃にボーイフレンドから受けた冷たい仕打ちに打ちのめされ、そして終盤では沙織の心の成長が見て取れます。

オフィシャルサイトにも書いてある通り すべてを受け入れたとき、人は、静かに、強くなる。 が、この映画のテーマ主演の2人がともに印象に残るとても良い作品でした。

プリメロのお薦め度★★★★☆

[晴れ]

20世紀少年~第二章~最後の希望

劇場による作品紹介

人気漫画家・浦沢直樹の大ベストセラー・コミックを、総製作費60億円をかけ、全3部作として実写映画化したサスペンス巨編の第2作。
“血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間が行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は救世主と崇められていた。高校生になったケンヂのめいであるカンナ(平愛梨)は、そんな“ともだち”中心の国家に反抗し、問題児とみなされてしまう。
“血の大みそか”から15年が経った2015年を舞台に、秘密基地のメンバーたちと“ともだち”による新たな攻防が展開する。

出演:豊川悦司 平愛梨 

第一章の出来が良かった分、今回の作品は期待はずれでした。

この第二章では何を訴えたいのか、私には全く伝わりませんでした。

ひょっとしてこの第二章は原作を読んでいる人なら楽しめるのかも…

ところで、今回この映画では私のブログで過去にUPした画像が二箇所登場します。(たぶん)

木更津東映 と 湊漁港 ですが さて、どこで登場したかでしょうか?

今回は最終章に期待して★一個おまけして置きます。

プリメロのお薦め度★★☆☆☆

さすがに2連チャンは尻が痛いかも(>_<)


コメント(6) 
共通テーマ:資格・学び

コメント 6

コメントの受付は締め切りました
ダヤン

プリメロさん、こんばんはo(*^▽^*)o

「誰も守ってくれない」観に行かれたのですね。
私も観たいと思っている映画です。
1月に「誰も守れない」(土曜プレミアム)を放送していましたよね。
あの頃からチェックしていたのですが、早く行かないと終わっちゃいますよね(゚ー゚;

しかし、プリメロさん、映画2連チャンはさすがにしんどいですね。
でも、時間は講義2コマ受講するのと同じくらいですよね?

by ダヤン (2009-02-16 23:05) 

プリンスメロン

ダヤンさん、こんばんは

私の行った映画館ではもう一日に2回しか上映していませんでした。
良い映画なのに早く行かないと打ち切りになるかも…
テレビ版は私も観ました。
話しがそのまま映画に繋がっているので、テレビ版を観ている人はより楽しめると思います。
ていうか涙腺が緩みますよ。

講義の2コマは平気なんですけどね…
でも映画って腰から下が疲れません?

ではでは
by プリンスメロン (2009-02-17 20:44) 

じん

プリメロさん、おはようございます
映画良いですね、自分も観るの好きです劇場もDVDも
佐藤浩市は今までそんなに好きな方じゃなかったんですけど
三谷幸喜のマジックアワー観て結構好きになりました
役者ってホントすごいと思います
なので、誰も守ってくれないは、観てみたいと思ってるんです
自分が中学生の頃って映画館は二本立てが当たり前だったんですけどね
しかも一日座り続けてずっと観てても良かったし
シネコンが流行るようになっていつの間にか一本ですね
ああー行きてぇなぁ~
早朝からやってれば確実に一人で行っちゃうんですけどね(爆)
by じん (2009-02-19 05:47) 

プリンスメロン

じんさん、こんばんは

若い頃は洋画も邦画も同じくらい観ていましたが、年を取ると字幕は目が疲れるので最近は邦画ばかり観ています。
そうですね
昔の地方の映画館は『入れ替え』というのがなく、朝入ったら夜まで何回でも観れたので、小さい頃は同じ映画を1日に2~3回観ていました。
ところで佐藤浩市さんは年齢を重ねるごとに良い俳優さんになってきましたネ。まるで父親の三国さんみたいに味が出てきた気がします。
そんな佐藤浩市さんが出演する「誰も守ってくれない」は本当に感動できます。
見所は沢山ありますが観てのお楽しみということで(^^)/

ではでは
by プリンスメロン (2009-02-19 20:54) 

ミー

プリンスメロンさん、こんばんは。

今日は早く帰って来ることが出来たので、
お邪魔いたしました。
誰も守ってくれないは私も興味ありました。
テーマが重そうなので、疲れ気味のこの時期は・・・
と思っていたところです。
DVDが出たら観てみようと思っています。
佐藤浩一も好きですし、志田未来も演技が上手ですよね。
星四つはかなりいい感じなのですね。楽しみです。

私も今度キアヌリーブスの新作を観にいく予定です。
ちょっとハードな内容で疲れそうですけど・・・。

20世紀少年は先日テレビで放送されたものを
録画しておいて、少し観てみたのですが
まだ途中で止まっています。
不思議な映画ですね。続きを観るつもりでいますが、
ちょっと苦手なタイプの映画かもしれません。
最近、続きものの映画が多いですね。
前の話を忘れそうになってしまいます(^_^;)

by ミー (2009-02-23 21:58) 

プリンスメロン

ミーさん、こんばんは

とても良い映画でしたよ。
最後の表現が難しいところですが、沙織の最後の言葉に、
これから一生背負っていく重荷への不安と守ってくれた勝浦刑事への感謝の気持ちが表れていた気がします。

キアヌリーブスの作品はマトリックスで良い印象があるので、取り敢えず続編を鑑賞してみます。
20世紀少年の第一章は良かったのですが、第二章は密かに微妙です。

ではでは

by プリンスメロン (2009-02-24 21:24) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。