So-net無料ブログ作成

プリンスメロンは(BlogPet) [うさ太の記事]

プリンスメロンは
)には、その年おけるその特定受贈者のその特定1株式等の贈与をした者(以下「1株式等贈与者」という。
とか書いてた?

*このエントリは、ブログペットの「うさ太」が書きました。
コメント(0) 

区切りの200! [お知らせ]

今日は200と言う区切りが2つあったので報告します。

一つめは、先日このブログの記事数が200を超えました。(うさ太の記事30は除いて有りますが、うさ太の奴も結構書いてます)

二つめは、平成19年度の総合問題を解いた数が200を突破しました。(現在214問)

一応1回解いた問題は、解き直しを2回するように決めています。

元旦からの日数よりも解いた問題数の方が多いので、今年に入ってから1日1問以上は解いた計算になります。

ただ個別問題や財産評価が少し足りないし、応用理論については学習時間が完全に不足してるかも

これからが本番

どんどん仕上げて行きます。


コメント(8) 

苦しい、それとも楽しい [受験歴]

今日はコメント的な記事を書きます。

7月に入って本試験まであと1月となりました。

ここのところ学習が辛いという記事を見かけますが、この時期にそこまでの学習をする受験生は最後の詰めに入っている受験生じゃないでしょうか?

9月若しくは1月開講講座の学習項目をきちんと復習する為には、1月以上前に始めていないと本試験まで終わりません。

しかも、それだけやる訳にはいかないので…必然的に学習時間に多少無理が出てきます。

この試験は、中途半端に頑張ったくらいでは受かません。やり遂げたあとの満足感を味わうか後悔するかは本人次第です。。(半分以上は自分に言い聞かせてます)

提言

これから一月は多少無理をしましょう。

皆この時期は苦しく辛いのです。

苦しい、辛いと考えず、楽しいと思えば気分的に楽になるかも知れません。

私もこれから一月少し無理をして見ようと思います。

記事にまでして何ですけど、この試験の受験生が1月前から無理するのは当たり前で

もっと前から無理してる人もいるし…


コメント(8) 

プリンスメロンが(BlogPet) [うさ太の記事]

プリンスメロンが
)には、その年おけるその苦しい受贈者のその苦しい同族株式等の贈与をした者(以下「同族株式等贈与者」という。
とか言ってた?

*このエントリは、ブログペットの「うさ太」が書きました。
コメント(0) 

2回直前模試 [相続税法]

7月7日は2直模試と3プレ模試でした。

2直で大きなミスが有りました。

平均点 理論29.1 計算37.1 合計66.2(上位61.5%)

理論で柱を1本落としたにも拘わらず、理論で65分も費やして計算の時間に食い込み、そのため計算では点数を拾いきれませんでした。

計算のレベルは上がっているのですが、例年とは逆に理論が足を引っ張っている状況です。

理論の暗記は1週間で1回転しているので、柱が挙がれば問題ないレベルなのですが、その柱上げがいかれてます。

計算での取りこぼしを無くすため、午後の3プレでは計算から始めて見ました。

①理論の柱挙げ4~5分

②計算終了が試験開始後68分(計算に要した時間63~4分)

③残り52分で理論の書き取りを行う。

初めて試験後半に理論の書き取りを持って行きましたが、いい感じで書けました。ひょっとしたら私に合っているかも知れません。来週の3直と最終講義も、この解き方を試してみます。

PS:前から考えていたのですが、最終講義の記事を書いたあとは受験に専念し本試験までブログを完全に休止したいと思います。

休止期間は7月15日~8月8日を予定してます。
コメント(6) 

思い出に変わる時 [その他]

雲は湧き光溢れる

天高く純白の球今日ぞ飛ぶ

若人よいざ

まなじりは歓呼に応え潔し

微笑む希望

あ~あ~栄冠は君に輝く!

歌詞これで良かったかな(もう20年以上も前だから…)

高校野球も地区予選が始まり、私の県も昨日開会式がありました。(少し気になる)

高校野球は中途半端な練習では勝ち進めなく、夏の大会は負けたら終わりです。

他方、税理士試験も中途半端な学習では合格が望めません。しかし、諦めなければ終わりません。

高校時代最後の夏の大会は、良い思い出です。

税理士試験が思い出になったら、どう感じるのだろう…

頑張れ高校球児!

頑張れ税理士受験生!

頑張れ自分!

 明日は今年最後の講義です。


コメント(0) 

3回直前模試 [相続税法]

7月14日は今年度最後の講義(第49~50回)でした。

第49回講義(3回直前模試)

最後の答練は、理論で改正理論が出題されたものの比較的に簡単な問題でした。

実は終了10分前に終わったので、残り10分で見直しをしていました。

簡単な問題だとそれなりの点数が取れるのですが、難しい問題だと大きく崩れる事があり、それが今後の課題と言った所です。

平均点 理論35.1 計算41.1 合計76.2(上位4.8%)

 

第50回講義(最終講義問題)

今回『3直』『最終講義問題』と計算から先に解いて見ましたが、感触は良いです。

答練終了後には、合格対策を配布し、これから本試験までの過ごし方や最低限やって置いて欲しいところなどの話がありました。

また、会計人コース誌上による各専門学校の理論予想を紹介したり、新試験委員の出版物などから注意すべき論点について少し踏み込んで話してます。

今年の理論の大ヤマは当然物納でした。ただ、これだけ騒がれると逆に試験委員が嫌うかも

次位以降は、

相続時精算課税、相続税と贈与税の関係などが挙がり、試験委員ネタとしては不動産関係とそれに絡め申告要件という話でした。

私のヤマを5つ挙げてみます。

①物納と延納(昨年の改正で関連性がより強くなった)

②特定同族株式等(事業承継などの話題性から)

③相続時精算課税の対象者(特定納税義務者、相続時精算課税適用者、推定相続人、特定贈与者、特定受贈者)

④評価の特例(評価は資産税の原点)

⑤特定事業用資産の減額(平成20年度での80%減額へ改正見込みであることなど最近の話題性から)

今日は講義が15分位延長したこともあって、講義終了後に担当講師と雑談してから帰りました。


コメント(2) 

最後の切り札 [相続税法]

私の最後の切り札は耳栓です。

なぁ~んだ と皆さん思いましたか?

耳栓ならいつも使ってる方からすると、何を今更という感じです。

私が耳栓を使うのは、1年のうちで本試験前の2~3週間位です。

使用目的は集中力をより上げるためです。

私の場合、耳栓を年中装着していると或る意味で慣れてしまい、その効果が薄れてしまいがちです。

ただ1~2週間位の短期間に絞って使用するとかなり集中力が上がります。(特に本試験前の集中力の上がり易い時期は有効です)

どの位の集中力が目標か説明しづらいですが、たとえば本試験で科目合格した年などを思い起こして下さい。

私の場合は、試験開始してから30分も経過すると『自分の世界』に入ってしまいます。周りの音は聞こえてはいるけれど全く気にならない状態になります。判りますか?

これが理想の集中力です。

これからの時期は、自習教室で最初に総合問題を解きますが、少しでも本試験と同じ環境を作り上げる為に2時間測って解きます。その環境を作り上げるのに耳栓も一役買っています。

もう一つは、直前1~2週間のドトールや通勤電車での理論暗唱にも同じ理由で使います。

これが私の耳栓活用法です。(使用しているのはEARWHISPERという物で文房具屋さんで売ってました)

PS:7月9日の記事でもお話ししましたが、これから本試験終了までの期間は学業専念のため、ブログは休止させて頂きます。

皆さん、最後まで粘って学習して下さい。


コメント(6) 

出撃 [その他]

予告!

 明日から自習教室に出撃します。

月並みですが頑張ります。

 


コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。