So-net無料ブログ作成
検索選択

悪あがき [受験歴]

私の相続税法受験歴は7年目で、今年度本試験に於いても赤信号が点灯し8年目が濃厚です。

そもそもブログを始めた経緯は、タイトルにもある通り相続税法の壁に当たり、最後の科目になかなか合格することが出来ない現状を打破したい、そんなきっかけ作りの意味合いがありました。

また、出来の悪い受験生のあがきをブログにし、私のように何年も合格から遠ざかっている受験生の励みになればという思いもありました。

振り返ると相続税法での延べ学習時間は、既に合格済みの他の4科目の延べ学習時間よりも多い気がします。

今の相続税法の学習時間を尺度にすると、他の4科目の学習時間は税理士試験を舐めているとしか思えない程度のものでした。

不合格の翌年の目標

私の中では次のような決まり事があります。 

①学習時間をどんなに僅かでも良いから、前年より多くすること

②答練の成績をどんなに僅かでもよいから、前年より上げること

当然なのですが本試験で落ち続ければ、毎年①の学習時間は増え続け、②の成績も上がり続けることになります。

 

だから来年は今年より学習時間を増やし成績も上げます。

たとえ僅かでも…

それを繰り返していれば、いつかは合格するレベルの学習時間及び合格するレベルの答練成績になります。

ですから発表の日に不合格で残念だったね。と言われても必ずこう答えます。

いつかは合格しますから大丈夫です。
コメント(4) 
共通テーマ:資格・学び

☆平成19年度☆ 答練全成績 [答練成績一覧表]

     平成19年度 相続税法 答練全成績

平成19年度答練の全成績を掲載します。

           平均点                成績

     理論    計算    合計     理論  計算  合計   UP点  上位%

〈定例〉

1回  44.05  44.85  88.90    50   45   95   6.1  36.6% 

2回  41.20  40.50  81.70    49   42   91   9.3  27.2%

3回  40.90  43.90  84.80    48   45   93   9.3  33.3%

4回  40.40  43.50  83.90    46   47   93   9.1  21.0%

5回  41.80  44.10  85.90    48   50   98  12.1  12.8%

〈実判〉

1回  43.60  39.10  82.70    48   42   90   7.3  30.4%

2回  40.80  42.40  83.20    45   45   90   6.8  41.4%

3回  44.90  37.90  82.80    50   42   92   9.2  21.2%

4回  42.30  38.40  80.70    48   43   91  10.3  22.3%

5回  42.70  41.30  84.00    48   39   87   3.0  40.5%

6回  39.70  38.80  78.50    48   38   86   7.5  34.2%

〈上級模試〉

1回  31.60  39.20  70.80    47   42   89  18.2   7.9%

2回  31.30  38.90  70.20    42   43   85  14.8  11.5%

3回  34.40  36.40  70.80    50   35   85  14.2  20.0% 

〈直前答練〉

T全  24.70  29.70  54.40    12   30   42  -12.4  76.2%

O全  27.80  33.80  61.60    30   40   70   8.4  33.3%

1直  31.40  41.20  72.60    39   43   82   9.4  27.0%

2直  29.10  37.10  66.20    28   34   62  -4.2  61.5%

3直  35.10  41.10  76.20    50   45   95  18.8   4.8%

平成19年度平均

    34.90  39.56  74.46   41.46  41.62  83.08

                                  UP点平均   8.2

                                  上位%平均 34.0%

 

平成19年度の目標とした事(結果判定)

①過去2年とも直前答練の終盤に計算が落ち込んでいるので、平成19年度は終盤で失速しない様にする。×理論が失速

②平均点割れを絶対に無くす。×2つ

③平均点より15点UPを目標とし、悪くても上位20%以内を維持する。×30%前後が多い

④最悪でも平均上積を平成18年度より上回る。◯【平成18年度 平均上積 8.21】0.01だけ上まるけど

総評:駄目じゃん 

 

来年は平均点より10点UPだけを確実に目指します。


コメント(4) 
共通テーマ:資格・学び

固定資産税~第5回講義~ [固定資産税]

今日は、固定資産税~第5回講義~を受講してきました。

講義の前に受付で、固定資産税理論サブノートを購入

講義内容 

1.ミニテスト第4回(制限時間18分)

理論 問1-2課税団体中〔1〕原則〔2〕例外(1)(2)をベタ書き

計算 宅地の計算(小規模住宅用地の場合)     判定間違えて8点マイナス

2.理論講義

問1-2課税団体について。〔2〕(3)~(5)例外〔3〕用語の意義の解説を行う。

3.計算講義

宅地の計算(非住宅用地の税額計算)

ひょっとしたら必要かなぁ~なんて考えていましたが、固定も計算で仮計表を使うそうです。

仮計表なら前に消費で極めたし、まかせて!

講義終了後

コンビニでパンと牛乳を買って軽い昼食を摂り

1時半から5時まで本館の自習室に入り相続チェックを解く。

遅ればせながらチェック1終了

続きを読む


コメント(10) 
共通テーマ:資格・学び

ちび太について [猫記事]

実は、

今までブログでお伝えしていませんでしたが、今年の6月7日ちび太が交通事故に逢いました。

それは夜8時半頃のこと

庭でちび太の鳴き声がしたのでサッシを開けると、いつもなら勢いよく飛び込んでくるのですが、その日は違いました。

飛ぼうとしたのですが、飛べず腰砕けになってしまい上がってこれないのです。

その時点で様子がおかしいのに気づき、抱き上げて部屋にいれると明らかに後ろ足が変でした。

一瞬にして一刻を争う状態だと確信し、夜間救急を行っている動物病院を手当たり次第に電話で当たってみましたが、1時間以内に行ける距離の動物病院が有りませんでした。

ようやく動物病院を見つけ即出発したのが9時過ぎで、10時半ころに動物病院に到着してようやく診察を受けました。

診察結果は、両足大腿部骨折、脊髄ズレ、尿道破裂でした。

生死にもかかわる程の重傷です。

動物の場合は人と違い即緊急手術とは行かず、数日状態を確認してから手術を行う様で、その日は点滴を打ってそのまま入院しました。

それから3日後

手術において輸血が必要なためレッチから採血して、手術を行いました。

手術は、脊髄のズレを針金のような物を入れて脊髄を補強し、かつ、体内に充満した尿を取り除いた上で破裂した尿道を切除して残りの尿道を繋げるという処置を行いました。

手術は7~8時間に及びましたが一応は成功でした。

ただ残った尿道もボロボロの状態であったためカテーテルという管を尿道内に通している状態です。

手術後2日目の様子

手術から約2週間後に良くなった訳では無いのですが、動物病院全体でインフルエンザが流行し、ちび太もインフルエンザに感染して瀕死の状態での退院でした。

慣れないながらも家族全員の懸命な看病により7月の終わり頃には、ようやくカテーテルが取れる所まで回復しました。

これはお盆休み頃の記事にアップした画像です。 

手術の時に前足と腹辺りの毛を剃った跡が判ります。

そして、この写真を撮った翌日、今度は尿閉塞です。

今度は、残りの尿道も殆ど炎症を起こしてしまい機能していないと診断され、今回は膀胱から僅かだけの尿道を腹の辺りに出す手術を行いました。また、カテーテルを入れての介護の日々が始まりました。

1週間前までは、こんな状態でした。

今週の木曜日にカテーテルを除去しましたが、今日も通院して点滴を行いました。

今、ちび太は元気ですが、今後また尿閉塞が発生すればもう駄目かも知れません。ひょっとしたら、そのまま尿閉塞が発生しないで済むかも知れません。

どう転ぶか判りませんが、飼い主として、家族として、愛情を持って精一杯の介護をしてあげたい。


コメント(10) 
共通テーマ:ペット

ポイントがズレている [相続税法]

国税庁ホームページで、平成19年度(第57回)税理士試験出題のポイントが公開されました。

個人的には、思い出したくない今年の本試験問題ですが、若干気になるところがあったので少し触れて置きます。テーマは第一問の問1について

出題のポイント

問1 相続税の課税価格及び納付方法に関する規定の中には、納税義務者がその規定の適用を受けて課税価格又は納付方法を一旦確定させた場合であっても、その後、一定の事由が生じたことにより、その規定の適用が受けられなくなるものがある。具体的には、例えば、

(1) 相続税法第12条第2項《相続税の非課税財産》

(2) 租税特別措置法第70条第2項又は第4項《国等に対して相続財産を贈与した場合等の相続税の非課税等》

(3) 租税特別措置法第70条の6第1項《農地等についての相続税の納税猶予等》

(4) 相続税法第40条第2項《延納申請に係る徴収猶予等》

(5) 相続税法第48条第2項《物納の許可の取消し》

 したがって、相続税では、一旦確定した課税価格又は納付方法が、その後、一定の事由が生じたことによって変動することがあることから、申告後においても注意を要するところである。
 本問は、実務上、非常に重要なこれらの規定のうち、納税義務者自身の行為によってその適用が受けられなくなるものについて説明を求めるものである。

私が解読すると

上記(1)~(5)のうちとあるので問1の解答範囲はここで(1)から(5)に限定されて、さらに納税義務者自信の行為によってその適用がうけられなくなるものとあるので、(2)の措法70の非課税が解答範囲から外れます。

よって、第一問の問1の解答の柱は

(1)相続税の非課税

(2)農地等についての相続税の納税猶予等

(3)延納申請に係る徴収猶予等

(4)物納の許可の取消し

となります。

 

他方、O原解答速報による柱は

(1)相続税の非課税

(2)特定事業用資産の減額

(3)延納(延納の許可の取消し、特定の延納税額に係る物納

(4)物納(物納の撤回、物納の許可の取消し)

(5)農地等についての相続税の納税猶予

となっていますが、赤字部分の規定は要らないみたい

これだけだと理論用紙2枚で書き終わってしまいます。ひょっとして(3)~(5)について、適用要件も書くべき?

いいんですけど
コメント(10) 
共通テーマ:資格・学び

理論暗記大作戦 [受験歴]

久々にWINネタ行かせて貰います!!

(注)上記において、WINとはO原で発行している月刊の税理士情報誌をいう。

O原WIN11月号の特集記事は【理論暗記大作戦】で、ここで記されている暗記法と私の暗記法との違いを、比較してみたいと思います。

特集:理論暗記大作戦

PARTⅠ

1.暗記の前に理解すること

人間は意味のないことや興味のないことは頭の中に入りません。したがって、まず暗記する前に授業で確認した内容を自分で良く確認して下さい。理解をしていないものを必死に暗記しようとしても、とても時間がかかりますし、せっかく暗記してもすぐに忘れてしまいます。この事前準備がしっかりとできればできるほど、短い時間で正確に頭の中に入り、忘れにくくなるものです。

私の考えとして

ごもっともな事ですが、講義を待ってから暗記を始めたのでは遅すぎます。

ですから、まず暗記してから講義を受け、その講義で既に暗記した項目の理解が入り、その後理論を回すことによって一層理解が深まる。

そんなスタイルがベストじゃないでしょうか? 

2.どうやって暗記するのか

理論テキストをただ眺めているだけでは暗記をすることはできません。例えば眺めるだけでなくマーカーで線を引いたり、声に出して読むだけでも頭の中にはその内容が少しずつ残ります。さらにこれを何度も口に出して復唱したり、自分の手で書いたりすることなどにより、少しずつ文章が頭の中に入っていきます。

私の方法

ブツブツと声なき声を出して暗唱する。

それと仕上げに一回は書いてみる必要もあると思う。

3.どこで暗記すればよいか

理論暗記は何も自習室や自宅の机に向かってだけやるものではありません。例えば静かな場所で暗記をしていると、どうしても他のことを考えたり、眠ってしまったというような経験はありませんか?逆に今日の授業で書かなければいけない理論を電車の中で暗記できてしまったという話も聞きます。

現代の住宅事情では電車の中といえども決して無視できない学習スペースです。特にお勤めをしている方の場合は、暗記する時間もスペースも限られていますから、電車の中といえども無駄にはできません。最近の通勤時間は往復で平均2時間とも言われています。合格するまでは、電車の中も重要な学習の場所だと考えて下さい。

私の場合

9割は通勤電車で1割がドトールかな

電車でGO

4.暗記の進め方

理論暗記のポイントは、その手順にあります。宿題になった理論を理解のないまま暗記しても効率が悪いことは既に説明しました。次に注意するのは、正しい暗記の進め方です。

①タイトルの暗記

タイトルは暗記する理論の骨子になりますから、まずこれをある程度暗記して下さい。もし忘れてしまったり、あるいは試験に暗記していない理論が出題されたとしても、このタイトルだけでも頭に入っていれば何か書くことが出来るはずです。タイトルは理論の骨子であると同時に、理論を書く際の指針にもなりますから、しっかりと頭に入れておくことです。

②長い事項の細分化

理論テキストには各タイトルの中に、ある程度の量の文章があります。これを暗記するコツは、ひとつの文章をいくつかに細分化して暗記することです。この方法は、特に暗記しづらい文章を一度に覚えようとしても、人間の脳は対応できません。細分化した文章を少しずつ暗記していくことが、結果的に一番の近道です。さらに、暗記の時間も短時間を何回も繰り返す方が、長時間ずっと暗記するよりも効果的です。

③暗記後の確認

一題の理論はタイトルごとに前述の①、②を繰り返すことにより暗記できます。また、時間がないときや疲れていて新しい部分が暗記できないときは、古い部分を点検したほうが良いでしょう。なお、復唱しながら理論暗記する方は、ある程度の分量が暗記できたなら必ず自分の手で本当に書けるかどうかやその理論を書くのに必要な時間などを確認する必要があります。これらは繰り返し暗記して、少し覚えたら自分で書き、また新しい部分を暗記するという大変に地味な学習の連続です。

私も

概ねそんな感じです。

敢えて言わせて貰うと、本文の暗記をしているうちにタイトルは勝手に覚えてしまうので、タイトルだけ先に暗記ということはしません。

5.反復しての繰り返し

始めて乗った電車の駅の名前をすぐ覚えることはできません。しかし、何度も乗っているうちに急行が止まる駅や自分が乗り降りする駅の付近から少しずつ駅の名前が頭に入ります。それが何年も続くと行ったことがなくても終点までの駅の名前を暗記してしまいます。これは、繰り返しその路線を利用したことにより駅の名前をすべて暗記してしまった例です。

理論の暗記にも同じことが言えます。皆さんの多くは、次回の授業で暗記しなければならない理論で頭がいっぱいで、以前暗記した理論まで手が廻らないというのが本音ではないでしょうか。

しかし、これではせっかく暗記した理論もすぐに忘れてしまいます。暗記するためにあんなに苦労したのですから、これを忘れてしまうのはもったいない話です。人間の脳は、ある一定のことを繰り返すことにより、覚え込んだことを固定化することができます。この反復練習は計算に関しては、テキスト、チェック、問題集で実践できます。理論の場合には、各自が反復して学習しなければなりません。皆さん自身で定期的に、以前暗記した理論を確認できるようなスケジュールを立てていきましょう。

私からの提言

理論を回せ!

いつでも回せ!

ただひたすら回せ!

 

PARTⅡは、今年から理テキがリニューアルしたので、その効果的な利用方法を丁寧に説明したものです。

と言うことで、ここの内容についてはカットします。

私の暗記法

理サブをワード入力し、B5版の用紙に印刷して持ち歩いています。(4つ折りにしてポケットに入れる)

そして通勤電車でブツブツと声なき声を出しながら、薄笑いを浮かべ暗記しています。

暗記しているときに目が笑っていると良く言われます。フフフ


コメント(8) 
共通テーマ:資格・学び

固定資産税~第6回講義~ [固定資産税]

昨日は、固定資産税~第6回講義~でした。

講義内容

1.理論書き取り及び第1回演習問題(制限時間60分)

理論 問1-2課税団体について 〔2〕(3)~(5)例外、〔3〕用語の意義をベタ書き

計算演習 宅地.家屋の計算及び固定資産税額まで一通りの総合問題

演習問題はさして難しい問題じゃなかったけれど、固定の総合問題は計算パターンを組むだけでかなりの時間を要し、制限時間ギリギリで終了しました。

しかも、家屋の居住用部分の1区画を拾い漏れ、それに伴い合計17点の減点でした。

う~む やはりミニ税法はワンミスが命取り…

2.理論講義

問1-3納税義務者について、〔1〕原則、〔2〕(1)(2)みなし所有者の解説を行う。

今回は計算講義はありませんでした。

最近感じたのは固定って内容こそ全く違いますが、その何というか計算にしても理論にしてもリズムが消費に似ています。

講義終了後

自習室は、この時期にしては珍しくほぼ満室に近い状態のため、2号館の地下ロビーで5時まで自習してました。

相続チェック2を怒濤の如く解きまくる。

この3時間に総合問題3問と個別問題7問を終了し、プチ充実感を味わう。

それから2号館は本科生がいて少し騒がしかったけれど まあ、許容範囲内かな


コメント(4) 
共通テーマ:資格・学び

ねこ番 [猫記事]

今月にはいって諸事情により、夜はちび太の面倒を見る日々が続いています。

ちび太は、あぐらをかいている膝の上で寝るのがお気に入りの様で

机に向かってパソコンを始めると

ニャ~と呼ぶんです(膝貸せと…)

でも椅子に座った状態での膝はダメらしく、床のカーペットに座れと催促します。

(猫語で多分そう言ってる)

で下に座ると直ぐに乗って寝てしまいます。

お陰でパソコンが出来ない!

代わりに学習は結構できますが…

そんな訳で最近ブログ更新が出来ません。

最近のちび太

隙を見てはブログ更新を試みます。


コメント(6) 
共通テーマ:資格・学び

木更津富士館 [私生活]

今日はお休みを取って、夫婦でHEROという映画を見てきました。

見に行った映画館は富士館というところですが

歩いて直ぐの所に木更津東映があるので、少し足を延ばして写メを撮って来ました。

ちなみに私は携帯を持っていないので、写メ担当は私の奥さん

懐かし~

子供の頃からお世話になっている映画館

最近では、木更津キャッツアイとかパパとムスメの7日間の撮影で使われた映画館です。

隣にはまだ銭湯もあるし人参湯

懐かし~

風呂上がりの脱衣所で、牛乳の一気飲みをするのが好きだったプリメロです。

おっと映画評するの忘れてた

少し感動はしましたが、良くできた2時間ドラマという感じです。

多分この映画を10年後には思い出せないかな

ちっとも映画評になってないし

あっ富士館の写メ撮るの忘れてた
コメント(4) 
共通テーマ:資格・学び

固定資産税~第7回講義~ [固定資産税]

昨日は、固定資産税~第7回講義~でした。

講義内容

1.理論書き取り(制限時間9分)

問1-33〔1〕原則についてベタ書き

2.理論講義

問1-3納税義務者について、〔2〕(3)、(4)みなし所有者の解説を行う。

3.計算講義

宅地の区分の住宅用地の判定、住宅用地の面積、小規模住宅用地の面積について解説を行う。

相続税法における財産評価の話

今日の理論講義の内容が相続税法の財産評価と被っており、かつ、相続税の講義時より掘り下げた解説でした。

問1-3〔2〕みなし所有者(3)土地区画整理事業又は土地改良事業に係る施行地の場合についてで、相続税法の財産評価では、土地区画整理事業施行中の宅地の評価の話です。

相続税法での具体的な評価方法

(1)原則

仮換地の価額に相当する金額(路線価方式・倍率方式)

(2)仮換地の造成工事が施行中で、工事が完了するまでの期間が1年を超えると見込まれる場合

仮換地の価額に相当する金額(路線価方式・倍率方式)×95/100

(3)従前の宅地の価額により評価する場合

仮換地が指定されていいる場合であっても、次の①及び②のいずれにも該当するときには、従前の宅地の価額により評価する。

①仮換地について(注)使用又は収益を開始する日を別に定めるとされているため、その仮換地について使用又は収益を開始することができないこと。

(注)ここでの使用又は収益は、相続税法の財産評価上出てくる使用収益で使うという意味です。この後に出てくる土地区画整理法での使用収益とは違います。

②仮換地の造成工事が行われていないこと。

以上が財産評価の公式になりますが、この講義は直前期で上級模試後に短い時間で行う『上級わんぽ』なので、解説が簡単なものであったため評価の公式は判りましたが、その土地区画整理事業・土地改良事業の仕組みそのものが今ひとつピンと来ませんでした。

土地区画整理事業の解説とその用語の意味

土地区画整理事業とは、都市計画区域内の土地について、公共施設の整備改善及び宅地の利用の増進を図るため、都道府県、市町村、土地区画整理組合などが、土地区画整理法に定めるところに従って施行する土地の区画性質の変更及び公共施設の新設又は変更に関する事業のことをいいます。

具体的には、一定の地区内に複数の不整形である土地所有者がいる場合に、区画整地及び公道を敷設することによって各々の土地の価値そのものが高まる事業行為です。

事業の流れ(土地改良事業の場合は用語が以下カッコ書きに変わるだけです)

①土地区画整理事業開始前

②使用(収益)→土地区画整理法では造成工事を指す。

③公告 →事業の終了を指す。

④登記

なお、②においては土地のことを仮換地(仮使用地)といい、③においては土地のことを換地(保留地)といいます。

また、①から③までは事業開始前の登記のままで④になって初めて換地後の土地で登記されます。

財産評価の考え方

土地区画整理事業中とは、上記の事業の流れで言う②③の時期を指し、その評価は個々の事情によって換地前若しくは換地後のいずれかの宅地の評価となる。その上で工事が完了するまでの期間が1年を超えると見込まれる場合には95/100を乗ずるという事です。

余談

本試験に出題されるか否かは判りませんが、実はこの先に「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例の取扱いの変更について」という国税庁ホームページに掲載された論点があります。

皆さんは押さえますか?

そんな訳で固定資産税の講義の記事にも拘わらず、カテゴリーが相続税法となっています。

すいません変なところ掘り下げてしまいました。

相続を始めたばかりの方は気にしないでね。4月以降には多分やりますから…

講義終了後

午後から自習教室で5時まで相続のチェックを解く。


コメント(4) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。