So-net無料ブログ作成

スランプ脱出大作戦 [その他]

久しぶりにWINネタで行きます[黒ハート]

5月号でタイプ別にスランプ克服法を紹介しているので、ちょっと紹介します。

診断 

タイプ  あんたの症状

 A    いくら復習しても成績が上がらない

  A 復習のやり方が分からない

  B 電卓ミスをよくする

  C 見間違い、書き間違いが多い

 D   単位・端数処理等のミスをよくする

 E   周りの成績が気になる

 F   本試験直前で頑張れば何とかなると思う

 G   受験勉強が嫌になっている

 H   仕事をしていて時間がない

治療法 

タイプA … やり方を見直そう!

得意項目ばかりを復習していませんか?苦手項目の復習もやろうね。その際、関連項目も併せてチェックしてみてネ。そんなことを言ってました。

コメント:そだね

タイプB … 急がば回れ!

電卓ミスが増えてきて癖になっているなら、ゆっくりと電卓を打ってみたら如何。ゆっくり確実に打ったなら自然とミスは減り、検算をしないで済むと思うよ。

「本試験では確認する時間などないのだ」という気持ちを自分に植え付けましょう。

コメント:仰る通りです。

タイプC … 思い込むな!

問題慣れして問題文を読み飛ばしてしまう癖が付いている人がいます。問題文はちゃんと読もうネ。

数字の転記ミスも多いよ。メッ

コメント:ゴメンナサイ私です。

タイプD … 指示は守れ!

これはタイプCに言ってた事とほぼ同じです。

コメント:しつこい

タイプE … 自信を持とう!

「あの人より成績が悪かった」仲間と自分を比較して、劣等感を抱いていませんか?

マイナス思考は良くないですよ。プラス思考にしましょう。

コメント:相対試験なんだしみんな気になるよね。だからそのままで良いです。

タイプF … 危機感を抱け!

最後に頑張れば何とかなるだろう、という先送りは禁物です。本試験まであと何日あるか数えてみて下さい。

自分に残された時間は少ないのだ、という危機感を抱いて下さい。

コメント:げっ…あと97日しかないぞ

タイプG … 初心を思い出せ!

「税理士になりたい!」という初心が薄れ勉強に身が入らないときは、なぜここまで学習してきたのかを思い出して下さい。

コメント:説得してもネ…末期症状です。

タイプH … 時間を探せ!

「細切れの学習時間を上手に活用しましょう」みたいなことが書いてありました。 

コメント:色々書いてあったけど必要最低限の学習時間を確保出来なければ落ちます。

O原さん親切だね[わーい(嬉しい顔)]


コメント(14) 
共通テーマ:資格・学び

直前期に突入!のち萎え [相続税法]

5月4日に直前対策講義と上級演習⑮を受けてきました。

午後の直前対策講義は、平成20年度改正に少し触れたあと、応用理論及び事例理論対策の講義を行いました。

応用理論及び事例理論対策講義

1.過去試験問題を基に解答の導き方

平成19年度本試験問題(問2)

平成18年度本試験問題(問2)

気をつけるべき点

①タイムテーブルを書きましょう。

②最近の答案は記述場所を指定しているから、解答内容が正しくても記載場所が違えば点にはならない。

③問題文から何を記載すべきか迷う様な問題の場合は、何故その規定を記述したかを記載する。

④どんなに難しい問題であっても白紙では0点なので白紙だけは避け、自分の言葉でも良いから1行でも書いて来る。

2.みなし取得財産の応用理論及び事例理論対策

もっと良い事も言ってましたが、この位にして置きます。

[喫茶店] 

午前中は上級演習⑮でした。

今回の問題を見た瞬間にさほど難しくないと感じたので、ノーミスを目指して丁寧に解きましたが、一つ小規模宅地等の判定を間違えました。

これに連動して減額金額と最終値の計3箇所を間違えました。(マイナス6点)

来週は講義がお休みで、次回から本格的に直前対策講義が始まり答練も直前対策答練に入ります。

やべ、少しやる気が萎えている。


コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び

とうちゃんだよ♂ [猫記事]

先週は講義がお休みでした。

そんな訳で今日は猫記事いってみよう[猫]

[NEW]初登場ですが『ちび太』のとうちゃんを紹介しますネ。

目つき悪いっすIMG_0880 とうちゃん1.JPG

とうちゃんは、ちゃきちゃきの野良猫だよ[黒ハート]

IMG_0879 とうちゃん2.JPG首から下は、ちび太にそっくり

IMG_0876 息子.JPG如何でした僕のとうちゃん!

じゃあ お休みなさい[眠い(睡眠)]


コメント(4) 
共通テーマ:資格・学び

遺留分の減殺請求に関する質問に対する回答 [相続の部屋]

この件は解決しました。

また、質問者の希望により記事全文を削除します。

シードさんとadatさんへ 

サンキュー[わーい(嬉しい顔)]


コメント(5) 
共通テーマ:資格・学び

良いこと言うね [相続税法]

皆さん、こんばんは

仕事に受験勉強に社会人受験生(特に会計事務所勤務)にとっては、最大のヤマ場がやって来ました。

今月は土曜出勤が続くため全て日ロンで振替受講します。

そして昨日はその1発目の講義でした。

直前対策講義

1.直前期補助問題の解説

2.応用理論及び事例理論対策

(1)平成20年度税制改正について

皆さんもご承知の通り、今年の本試験は平成20年4月14日現在の施行法令等に基づいて出題されます。

ただ国会が紛糾した影響で平成20年度改正が5月にずれ込む事態となり、どの時点で適用するか悩まされた方も多いかと思います。

TACの見解では住宅取得等資金の特例が平成19年12月31日で期限切れになっているので『住宅は外し』、ただ事例問題などで平成19年の取扱いを述べる場合には『住宅を含める』ようです。

それ以外は軽微なものであるため改正を織り込んで考えています。

(2)信託及び信託の非課税

TACではCランクに挙げてはいるものの限りなくランク外に近いCランクだそうです。

また、「絶対に出ないとは言わないがまず出ない」そんな事を言ってました。

さて、貴方は信託の理論を押さえますか?

私は秘密…フフフ

(3)配偶者関係、扶養義務者関係、親族関係

ここでの解説は対象者関係だけに留まらない話で、昨今の本試験を想定した対策と言えます。

以下、どの様な話だったか箇条書きします。 

①試験委員が理論問題の出題に当たって、その規定を理解しているかを問うているのであって、丸暗記のベタ書きは望んでいない節がある。

②例えば昨年のTAC解答速報通りに理論を書いても合格できる保証はない。そこにその規定を書いた理由を説明する必要がある。

③ハッキリは言いませんでしたが、昨年の本試験で書く分量が理論用紙2枚以下でも合格している人がいる?

他方、解答速報通り書いていたら計算を解く時間が無くなります。そこで理論を書く時間を短縮するためにも一つ一つの規定を意味の通る範囲内を前提として、自分の言葉でまとめる必要もある。

私の考えは、 

個別理論として出題される可能性が残っている規定を除き、理マスや理ドクをもっとまとめる必要がある。

理マス&理ドク簡略バージョンを作成中!(大胆に削ってるかも…)

ちなみに用語の意義(O原で言う(注)上記において)は本試験では書かない事に決定

そんな訳で、これからの答練で理論満点を取ることはありません。(キッパリ)

[レストラン]

基礎答練①

午前中は基礎答練①でした。

簡単なんだけどボリュームあったかな 

偉そうなこと言いましたが、私は転記ミスで-6点、コメント記載もれで-2点でした。


コメント(4) 
共通テーマ:資格・学び

スッキリ [相続の部屋]

今度は理マスサブを簡略化すると言いましたが、こんな感じです。

参考までにフルパターンはこっち → もっと長~く

元々長い理論なので短くしてもまだまだ長いですが、本試験はこれで勝負します。

[決定]

特定事業用資産についての相続税の課税価格の計算の特例 

1趣旨

2内容(措法69の5①)

3未分割である場合(措法69の5③)

4特定森林施業計画対象山林との関係

(1)原則(重複適用不可)

(2)特例(併用できる場合)

5小規模宅地等の特例又は特定同族株式等の特例との関係

(1)小規模宅地等の特例との関係

①原則(重複適用不可)

②特例(併用できる場合) 

(イ)小規模優先

(ロ)特定事業用資産優先

(2)特定同族会社株式等との関係

6手続(措法69の5⑨⑩⑪⑫⑬)

7特定事業資産等の用語の意義(措法69の5②)

(1)特定同族会社株式等

(2)特定受贈同族会社株式等

(3)特定事業用資産相続人等

(4)特定事業用資産

[右斜め下]

は短くしきれませんでした。

でもね…は本試験での出目が薄いらしい(この発言に責任は持たないけど)

平成20年6月21日付で記事本文は自粛します。


コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

そりゃそうだけど [相続税法]

報告が遅れましたが5月25日は日ロン講義を受けてきました。

ややお疲れ気味ではありますが、何とか講義に食らいついている状態です。

(一瞬寝そうになったけど)

さて講義の内容は…

直前対策講義 

先週から引き続き、午後の講義は全て応用理論対策と講師の話を聞きっぱなしでした。

(1)配偶者関係

ここでの注意点として、配偶者関係の理論には精算課税は絡んで来ないということかな(他にもあるけれど)

(2)相続人(包括受遺者)に関連する規定

これがこの日のメインでしたが「相続人」が重要という訳では無く、平成18年の過去問を通して試験委員が何を聞きたいのか考えることでした。

平成18年本試験問題

相続又は遺贈により財産を取得した者のなかに民法の規定に基づき相続の放棄をした者又は相続人の欠格若しくは推定相続人の廃除の事由により相続権を失った者がいる場合に、相続税の課税価格計算上で、注意しなければならない点について説明しなさい。

普通に読むと相続人に適用がある規定のうち課税価格計算上のものを挙げればOKですが、試験委員の問に対しての解答としては不十分です。

①何で相続人に適用がある規定を書くのか説明する必要があり、まず概要としてその旨を書く。

具体的にはこんな感じ

      ↓

これらの者は相続人となれない。そこで相続人以外の者には適用がない下記に掲げる規定には注意が必要である。

②課税価格計算上、注意しなければならない点という点から

柱として挙がる『農地等についての相続税の納税猶予等』について、理マスから適用要件だけ書くと農業投資価格によって課税価格を計算している部分が抜けてしまう。

この場合、

適用要件の後に下記の一文を付け加えると良い。

この場合において、特例農地等について相続税の課税価格に算入すべき価額は農業投資価格を基準として計算した金額とする。

そりゃそうだけどさ~当時は本試験中にそんな細かい所までは気づかなかったヨ。 

(3)法定相続人に関連する規定

(4)法施行地に住所を有する者と有しない者との差異(納税義務者)

居住、非居住、制限、特定納税義務者について説明する。

特定納税義務者は論点として面白いかも[exclamation]

[バー]

基礎答練②

午前中は基礎答練②でした。

今回もボリュームあったかな 

講師から答練開始前に理論問題は解答場所の指定があると聞いたのに…変なところに書いちゃいました。

お陰で同じ理論を2回も書いてしまい、それに伴い計算を解く時間にしわ寄せが来てしまいました。


コメント(4) 
共通テーマ:資格・学び

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。