So-net無料ブログ作成
検索選択

携帯持ってないっす。 [私生活]

リアルでお付き合いのある方なら御存知だと思いますが、私は携帯電話を持っていません。 

実は先週末に高校の野球部同期会があり、しかも、その会の幹事を私がやったのですが

みんなと連絡を取る際に必ず携帯の番号を聞かれ、その度に携帯持ってないっす(^^;)と返事してました。

当然の流れと言えば当然なんだけど同期会の席上で

携帯持ってない幹事じゃ連絡が取れないとか 

今時携帯を持ってない奴なんていないとか

散々文句を言われ次回まで携帯を持つように厳命されました。

アイムソーリー 次回までちゃんと用意しときます m(_ _)m

ここで宣言します[手(パー)]

税理士試験に受かったら[携帯電話]を持つようにし、[喫煙]も止めようと思います。

如何?


コメント(6) 

小春日和の中で [私生活]

房総半島の紅葉も終わり周りの風景も次第に寂しくなってきました。  

裏山を散策しながら目に付いた草花などの画像をデジカメに納めたので、その画像をUPしてみます。

撮影日11月29日

IMG_0111 冬の堰9.JPG散策に出掛けた当日は絶好の小春日和

木の電柱が昭和の頃を思い出させる。

堰から流れ出る小川

IMG_0115 冬の堰8.JPG  IMG_0114 冬の堰7.JPG

小川にはシダや苔がビッシリと生えています。

ちなみにここら辺は蝮の宝庫なので夏場に軽装で近寄ることができません。

この時期は殆どの草花が枯れ、見て楽しめる野草はないのかと言うとそうでもないみたいです。

IMG_0125 冬の堰2.JPG  IMG_0124 冬の堰3.JPG

名前は判らないけれど昔からよく見かける花々

IMG_0119 冬の堰4 タカサゴユリ.JPGお嬢が山ぶどうの実だと言って食べてました。

インターネット検索によると「タカサゴユリの実」

 誰が何と言おうとカラスウリです。IMG_0118 冬の堰5.JPG 

IMG_0121 冬の堰6.JPGはて、これは何の実でしょう?

最後に日本が戦争をしていた頃の名残でもある石切場を利用した防空壕IMG_0110 冬の堰1.JPG

正面奥にはトンネルがあり、トンネルの中は予想以上に広かったです。(さすが防空壕)

あと、画像にはありませんが戦争当時は高射砲が配備されていた断崖もあり、この国で戦争があったことを実感させられます。

小春日和の中で山道を散策したら、何か心を洗われる気分になりました。

過去にもこの裏山を題材にした記事があります。そちらもご一緒に御覧下さい。

http://yume-akiramenaide.blog.so-net.ne.jp/2007-12-02-1

[イベント] 

あと、何日かすれば発表です。

受かっていようがいまいが、心の準備は出来ている。

でも、やっぱり受かりたいよね。


コメント(4) 

ごめん [私生活]

映画のタイトルですよ。 

CS放送の日本映画専門チャンネルで『ごめん』を観ました。

ごめん(02年)

出演:久野雅弘 桜谷由貴花他

スカパーガイドによる作品紹介 

中学2年生の女の子(直子)に一目惚れした小学6年生の男の子(七尾)が、奮闘しながら成長していく青春コメディー

あらすじ 

大阪に住む七尾が親戚夫婦のいる京都に行ったとき

お店の窓際でうたた寝してる直子に一目惚れしてしまう。 

その時はロクに喋れなかった七尾が、どうしてももう一度直子に逢いたくて京都へ

そして直子がお店で「直ちゃん」と呼ばれていたことだけを頼りに京都中を探し

遂に直子の家を見つける

そこでは父の経営する喫茶店で働く直子の姿が

その後 

一度は恋人としては見れないと振られてしまうが

直子が延岡に引っ越すことをきっかけとして

七尾が直子への一途な思い告げる。

印象に残った場面は、直子の父に直子への想いを爆発させるシーンで

‥ 

初めて会ったときに、一目惚れして

二度目に会ったときに、二目惚れして

その次に会ったときに、もっと惚れたんだ

‥ 

と絶叫したところです。

その時の七尾の感情は良く判るけれど、私が小学6年の頃にそんな行動力はありませんでした。

七尾君が羨ましい。

プリメロのお薦め度★★★☆☆


コメント(2) 

静かにしてくんな [猫記事]

朝はお部屋の空気もまだ冷たいし、ホットカーペットの上が暖かくて気持ち良いね

IMG_0136 朝のちび太2.JPG

後ろでは誰かさんが24時間まるごとゴジラを観ています。 

うるさいな~朝ぐらい静かにしてくれよIMG_0138 朝のちび太3.JPG

IMG_0135 朝のちび太1.JPGいい加減にしてくんな!


コメント(2) 

レッドクリフ [私生活]

12月7日の日曜日は エイクスワイジー・シネマズ蘇我 で、 レッドクリフ を観てきました。

ていうか、まだ赤壁で戦っていませんが

それはPrat2でのお楽しみということで4月に公開予定だそうです。

劇場による作品紹介

はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、諸葛亮孔明(金城武)と周瑜(トニー・レオン)はともに協力し、連合軍を結成。だが連合軍の数はわずか6万、片や曹操の軍勢は80万で、その兵力の差は誰の目にも明らかだったが……。

もう少し詳しく歴史上の背景を説明すると

西暦184年頃の中国では、後漢末期にあり皇帝の権力は無いに等しく、その権力は宮中を仕切る宦官に握られていた。

また、国内に目を向けると黄布の乱により中国全土が内乱状態に陥ってた。

その乱れた漢王朝を憂いて立ち上がろうとしたのが、漢の皇帝の流れを汲む血筋の末孫で今は落ちぶれて農民に身を落としている「劉備」であり、その人物に惚れ込んで「関羽」と「張飛」が義兄弟の契りを結ぶ、そして三人は近くの桃園で酒宴の席を設ける。これが世に言う「桃園の誓い」です。

その後、劉備が新野の城主であるときに領内に住む大賢者という諸葛孔明に逢いに行くが1、2回目は留守で逢えず3回目にしてようやく逢うことが叶い、その時に私を助けてくれまいかという劉備の願いに対して孔明は、「私の様な一農夫に対して三顧の礼を尽くしてくれたことに報いるためにお仕えさせていただきます」と返事したそうです。これが世に言う「三顧の礼」です。

その頃、呉では孫権(孫子の子孫)によって納められており、その水軍提督が「周瑜」でした。

あっ、「曹操」について忘れる所でした。曹操はこの時すでに中国全土の6割以上を治めており、漢の皇帝も丞相である曹操には逆らえずいいなりの状態でした。

また、赤壁の戦いの後に劉備が蜀を建国し、これにより『魏の曹操』『呉の孫権』『蜀の劉備』によって孔明が唱えた国家3分の計が実現するに至ります。

観た感想

監督がこの映画のテーマは、「勇気」「友情」「愛」と明言しています。

勇気は、大軍に立ち向かう勇気、同盟を信じる勇気?、死も恐れない勇気?辺りを伝えたいのでは

友情は、孔明と周瑜の友情を描こうとしているが、三国志での友情といえば当然ながら桃園の誓いの3人も見逃せません。

愛は、周瑜と小喬との愛、劉備達の領民に対する愛という形で伝えようとしていると思います。

あと、この映画の中心にいるのが周瑜と孔明ですが、Prat1では周瑜を中心に話しが展開しているように見えました。

たぶん曹操の小喬に対する想いを描写するためなのでしょうが、あくまでも赤壁の戦いは天才軍師孔明のデビューであり、孔明なしでは語れないのです。

それを考えるとPrat2での孔明からは目が離せません。

Prat2では、赤壁の戦いのメインとなる水上戦は、あっと言う間に終わってしまうので、戦後処理に時間が費やされるのではないかと考えています。

私の予想ではPrat2開始30分位で水上戦を終わらせ、戦後処理の中で3つのテーマを伝えて行くのではないかと思います。

いずれにしてもPrat2が楽しみです。

おまけ

20世紀少年のPrat2が1月末に公開で、しかもPrat3も有りそうだし

レッドクリフのPrat2も4月公開だし

観に行く暇があるかなぁ~

[映画]

プリメロのお薦め度★★★★☆


コメント(4) 

発表を楽しむ [受験歴]

今年は9月辺りから受験生らしい記事を一切書いていませんでしたが、受験生であることを忘れた訳じゃないです。

発表までの期間限定税理士試験の第一線から離れていました。

そして 

いよいよですね! 

本試験から長らく待たされましたが、ようやく発表が近づいて来ました。

これからの一週間で発表前の日々は、期待と不安が交互に襲ってくるので落ち着かない人も多いと思います。

また、発表後は明暗が分かれ、来年への希望に満ち溢れている人もいれば、絶望の淵に叩きのめされる人も当然出てきます。

ただ、この試験で一度も落ちたことのない人なんて殆どいない。

さて、これからの一週間を楽しもう。

でも本命は A かな……

(屮゚Д゚)屮 官報カモーン

    ↓

内緒ですがパクリました(^_^)v


コメント(10) 

官報を見ました。 [受験歴]

が 

やっぱり名前はありませんでした。

実力が無いから落ちたんだけど

こう官報に振られ続けると

この先、一生受からないんじゃないかと考えてしまう。

あっ、落ち込んでいる訳じゃないですよ。

今は来年の学習方法をどうすべきか考えています。

ランクは通知が届いたら報告します。

追伸:これから結果が判明する方々に良い知らせが来ることをお祈りしています。


コメント(44) 

自虐のネタ [受験歴]

ランクが判明したのでご報告します。

じゃないか

IMG_0104  富士9.JPG

[もうやだ~(悲しい顔)] はぁ~

PS:昨日は深夜まで寝付かれずにCS放送を観ていました。

そこで映画『自虐の歌』を観て「ホロッ」ともらい泣きしてた

主演の水谷美紀さんがとても良かったです。

プリメロのお薦め度★★★☆☆ 

‥ 

だからってタイトルが自虐のネタかい

と突っ込まないでネ

[ふらふら] ん~


コメント(16) 

継続こそ力なり [受験歴]

発表があってから一週間が経ち、周囲もそろそろ落ち着いて来たようです。

私はと言うと

ブログを立ち上げてから合格なしの自分が急に痛く感じ、いっそのことブログを止めてしまえば気が楽になる。と考えたりするも、

もう1人の私はこのまま消えるのは、絶対にヤダと考えたりと

悶々としていました。 

[雷]

さて、話しは変わり最近高校時代の集まりがあり、

そこで仲間に懐かしそうに言われたことが、

「お前はセンスがないけれど本当に良く練習してたよな」でした。

             ↑ 

センスが無いのは認めるけど全然褒め言葉になっていないぞ!

じゃあ受験生としての私はどうかと言うと、受験初年度に合格した科目は1科目もなく

簿記3年目

財表2年目

消費5年目

法人5年目

相続9年目に突入と

駄目な受験生のなれの果て状態です。 

そりゃ結果は欲しいさ

でも頑張れば結果が付いてくるという保証なんて何もない

5頑張れば受かる人がいれば、10頑張れば受かる人もいる。

中には15頑張って受かった人だっているかも知れない。 

しかし、10頑張っても15頑張っても受からない人だっている。

[雨]

高校時代からの仲間の一言で思い出したよ!

結果が出るか出ないかじゃなくて、頑張るしか能のない男だってことを

元々悩むようなプライドがあるなら、初めからこんなに嵌った受験生ブログなんて始めてないし 

受験を諦めて退屈な人生を送るより

この試験でもがき苦しむ方がよっぽど生きていることを実感できる。

私の受験歴が正に継続こそ力なりじゃないか 

だから、まだやるよ受験生を

そして受験生ブログを

[曇り]

さて、暗い話しはここまでにして

学習しよっと

[晴れ]


コメント(24) 

来年は良い年でありますように [その他]

気がつけば今年もあと2日を残すだけとなりました。

2008年は不景気や暗い話題が多い一年でしたが、 

来年は良い年でありますように

♪  

さて、 

私の受験生としての2009年は正念場の年となるのは言うまでもないことです。 

そして最大の目標となるのは相続税法の合格であり、

そのために1月からTACで受講します。

では、

受験生の皆さん本試験まで一緒に頑張りましょう。

PS:私らしくない記事だったので内容を大幅にカットしました。


コメント(12) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。