So-net無料ブログ作成
検索選択

絵に描いた餅 [相続税法]

相続税法・1月上級 NO.2⑥演習⑦講義

今週は一年ぶりの新宿校です。

忙しい時期になると新宿校への振替出席になるのですが

そんな日曜の朝、これから新宿校に行くんだという感じが好きです。

[曇り]

第7回の上級演習について

理論は

問1が住宅取得等資金の事例理論の簡単な奴で、問2が配偶者の税額軽減の応用理論でした。

問2で(2)に書くべき柱の未分割である場合を(1)に書いてしまいました。

また、問1は簡略版で書いたのでマスターのべた書きと比較すると5~6点は見劣りするかも知れません。

計算は

財産評価でもやらかしました!

取引所相場のない株式の類似業種比準価額のところで

類似業種の株価200円の資料を400円で拾ってました。

未分割の計算時におかしいのに気づいたのですが間違えた場所を特定できず、取り敢えず間違えたまま納付税額まで終わらせたところで終了

答練を受ける前のシナリオでは、理論を簡略して書く代わりに

理論の柱と計算は完璧にして92点前後を取るつもりだったけど…

理論で柱を落とし 

計算もミスったし 

まるで 絵に描いた餅 状態かも…

ちゃん ちゃん

[喫茶店]

午後の講義は、これと言った論点がなかったので省略します。

お疲れ様~

来週も新宿の日ロンに振替受講します。


コメント(0) 

ドトール閉店 [受験歴]

突然ですが 

私の理論暗記場所でもある おらが街のドトール が 

3月一杯で閉店する事となりました。 

暗記する場所が‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥[たらーっ(汗)] 

仕方ない田んぼで暗記するか

いや、それは無理でしょう寒すぎます。(本気にしないように)

仕方ない

ちょっと遠くて

高校生が沢山いて騒がしい

そのうえ分煙のマックで我慢します。

[手(パー)] ところでマックってコーヒーおかわりしても良いの?

誰か正しいマックの活用法を教えて[耳]


コメント(12) 

この出来って…どう? [相続税法]

相続税法・1月上級 NO.2⑧演習NO.3①講義

第8回の上級演習について

理論は

色々あって今回も出来が悪いです。

詳細については言い訳っぽくなるので触れないで置きます。

得点はたぶん30点から35点の間くらいになる見込み

計算は

障害者控除に関してマークしたのを見落としました。

それ以外はOKかな

今年の上級演習は、こと計算に関しては比較的易しい問題が続いています。

これから徐々に難しくなるのでしょうネ 

[喫茶店]

午後の講義では、五分五乗の話しが懐かしかったけれど試験的には無視してもいいかな?

理論では人格のない社団等と持分の定めのない法人についてで、

そろそろ本番で出ても不思議ではない所かも…と想いながら講義を受けてました。 

来週は久しぶりの おやすみ [黒ハート]


コメント(2) 

中盤戦に突入 [相続税法]

相続税法・1月上級 NO.3②演習③講義

第9回の上級演習について

理論は個別ベタ

計算も簡単な問題でした。 

ただ、理論で趣旨を書かなかったのでマイナスがあるかも

[喫茶店]

午後の講義では、

理論も計算もみなし財産でした。

みなしだからねぇ~

申告休み明けは楽でした。[黒ハート]

今ひとつ気分が乗り切れないでいるけれど、まだ良いかな

勝負は6月から、それまでぼちぼちやってます。


コメント(4) 

時間配分のミス [相続税法]

相続税法・1月上級 NO.3④演習⑤講義

第10回の上級演習について

理論はマスターベタとドクターベタでした。

計算は一見簡単そうに見えたけれど、数カ所に引っ掛けをちりばめた問題でした。 

で‥1ヶ所引っ掛かり、2ヶ所でボケをかましました。

1.家屋の評価のただし書きに負担付遺贈の条件と債務控除にその金額の記載があったが、ただし書きを読み落とす。

2.取引所相場のない株式の資料で土地保有特定会社に関する資料があったが、結果として一般の評価会社と判定するところ土地保有としてしまいました。→頭の中では大中79と連呼してたんだけど‥

3.転借権の評価で借地権割合が50%と記載されているにも係わらず、何故か70%で乗じていました。

実は、理論でベタ書き部分以外にも余分なことを書いてしまったため理論に60分要しました。

そのため計算では時間に余裕が無かったため、最近はなりを潜めていた読み飛ばしをした挙げ句ミスを連発してしまいました。

昨年の本試験で反省したところで、今年一番のテーマなんだけど…

また、やっちまった[たらーっ(汗)]

[バー]

午後の講義では、

理論は

退職手当金等

低額譲渡益、債務の免除等、その他の経済的利益

信託に関する特例

期限内申告、還付申告

についてで、今回の目玉は受益者連続型信託の特例でした。

ただ、信託に関しては昨年の本試験で出題された論点でもあるため、今年の本試験では出題されないのではとも考えられますが

出題の切り口を変えれば出題されたところを外しての出題も可能なので、昨年出題されたからという発想は危険ですね。

そんな訳で信託もちゃんとやって置こうっと!


コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。