So-net無料ブログ作成
検索選択

平成22年 元旦 [私生活]

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

トラです。.JPG

受験生の皆さん!

2010年の本試験に向けて頑張って下さい。

陰ながら応援しています。


コメント(20) 

映画漬け [私生活]

最近、休日は映画漬けの日々を送っています。

昨日は、ふらっと寄ったTSUTAYAで3枚3千円のDVDを購入し、帰ってから速攻で2本観ました。

ていうか以前観た映画もあるんですけど、もう一度観たくなって

1本目は「エイリアン」 いきなりグロい作品から観ました。

この作品の見所はなんといっても緊張感!

息を飲んでいる時間が長いので、この映画を観ている間は酸欠状態に陥りそうです。

2本目は「ハムナプトラ」 最近地上波でやっていたらしく面白いと聞き観ることに

まるでインディージョーンズを観てるみたいな映画だったけれど、なかなか楽ませて貰いました。

こういう映画を観ると本当にエジプトに行きたいな 

3本目は「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」 これから観ようかと思います。

[カチンコ]

先週はマトリックスの「リローデット」と「レボリューションズ」をレンタルで、ついでに何故か「クールランニング」もレンタルして観てました。

上映中の作品で気になるものが無いから昔の作品を観まくっています。

つづく


コメント(0) 

テレビっ子 [私生活]

最近、一週間も記事を書いていないので、ここで生存報告をしますね。

平日は普通に働き、その行き帰りの通勤電車の中で理論暗記などを行っています。

休日はパチンコに行ったり、自宅でごろごろしながらCS放送の映画や時代劇を見たりして

3時になるとフジテレビのみんなのケイバを見ながらPAT投票と

完全に普通のおやじ化しています。

今日の1日(一日中テレビを見ている)

AM8:30~9:00 CS放送のG+で「Pリーグ」(女子プロボウリング)

AM9:00~10:00 CS放送の時代劇専門チャンネルで「鬼平犯科帳」 →やっぱ鬼平は良いね

AM10:00~11:00 CS放送の時代劇専門チャンネルで「剣客商売」 →剣客も捨てがたい

PM0:00~2:30 CS放送の日本映画専門チャンネルで「石内尋常高等小学校 花はちれども」 →結構面白かった。

PM3:00~4:00 地上波で「みんなのケイバ」

オールカマーで馬単15-9を特急券2枚ゲット! マツリダゴッホ様々だね。

PM5:00~7:00 CS放送の日本映画専門チャンネルで「いちばんきれいな水」

以上、テレビっ子な1日でした。


コメント(6) 

映画の秋 [私生活]

日曜は久しぶりに親子3人で映画を観に行きました。

しかし、長年連れ添った夫婦とはいえ映画の好みは微妙に違うようで、ここ2~3日は3人で観る映画の調整を図っていました。

観たい映画

お嬢と私 ハリーポッターと20世紀少年

妻 ごくせん 20世紀少年 ROOKIES

普通に考えると3人で仲良く20世紀少年を観て、その後で各々みたい映画を観れば良い感じです。

でも、上映時間との兼ね合いからこんな組み合わせになり、しかも1本目を観終わってから映画館を移動して2本目を観るということになりました。

1本目 京成ローザ

お嬢と私 ハリーポッター  妻 20世紀少年

2本目 エクスワイジーシネマズ蘇我

お嬢と私 20世紀少年  妻 ごくせん

何かまるで仲が悪いみたい。

[カチンコ]

じゃあ、いつも通り映画評してみましょう。

ハリーポッターと謎のプリンス

劇場による作品紹介

人気シリーズ第6作。ハリーの宿敵ヴォルデモートの過去が描かれる。幼少期のヴォルデモート=トム・リドルを演じるのは、レイフ・ファインズの甥ヒーロー・ファインズ・ティフィン。ヴォルデモートとの最終決戦が迫っていることを予感するダンブルドア校長は、ハリーとともにヴォルデモートの守りをとく手がかりを見つけようと、かつて学生時代のトム・リドルを教えたこともあるホラス・スラグホーンを魔法薬学教授として学校に迎える。

このシリーズは魔法という現実ではあり得ない世界の話しですが、魔法使いの話って昔から沢山あり、大抵の人はドラマアニメ、映画などで観たことのある分野です。

今回はポッターが対決するヴォルデモートの幼少期を探る話しを中心に進み、次回作以降での本格的な対決を意識した作りになっているようです。

また、ハリーポッターシリーズは第一作から通して観ていないと面白さが半減してしまう部分があるけれど、シリーズ通して観る価値がある面白い作品です。

プリメロのお薦め度★★★☆☆

20世紀少年~最終章/ぼくらの旗~

劇場による作品紹介

ともだち歴3年”(2017年)。世界は「世界大統領」として君臨する“ともだち”に支配されていた。殺人ウィルスが蔓延した東京は聳え立つ壁により分断され、都民の行動は完全に制限されていた。
“ともだち”の追手から逃れ、身を潜めているかつての仲間たち。荒れ果てた新宿でオッチョは反政府組織として武装蜂起する氷の女王・カンナの存在を知る。そんな中、“血の大みそか”以降、行方が分からなくなっていた“あの男”も遂に……! それぞれの想いとは別に着々と近づく新たな絶望。“しんよげんの書 ”には何が描かれているのか? “ともだち”の計画とは?全ての真実が今、明らかになる!?

今回が3部作の最後ということで、第2章での意味不明な状態からどのように話しが展開し、最終的な落としどころはどんな感じか注目して観ましたが、最後は、なるほどそうだったのかと納得できる作りになっていました。

想うに日本という国は今でこそ豊かな国だけど、いわゆる高度経済成長期以前に時代を遡れば貧しい国だったのかと考えさせられる少年時代の話しでもありました。

私が感じ取った20世紀少年の最大のテーマは、ケンジが大人になって忘れていた少年時代での後悔。

誰でも子供の頃に一つや二つは小さな後悔を胸にしまったまま大人になっているのでは、エンディングロール以降の話しは大人になったケンジの考えで、子供の頃に後悔していたことがあったらどうしますか?という問いかけだった気もします。

しかし、時代背景とか共感できるところがある反面、話しが大袈裟になりすぎたところや芸能人を沢山出演させる演出がマイナスとなった部分もあり10年後にこの映画を観たらつまらないかな

ちょっと辛口だったけど、映画自体は楽しんで観させてもらいました。

プリメロのお薦め度★★☆☆☆


コメント(6) 

sweet rain [私生活]

今日も土曜出勤でした。

帰宅したら勉強をしようと思いながら一息入れて、テレビを点けたら丁度映画が始まるところで…

気がついたら最後まで魅入っていました。

[カチンコ]

sweet rain 死神の精度」

主演:金城武、小西真奈美

あらすじ

この作品での死神・千葉(金城)はターゲットに取り憑き死をもたらすのではなく、

ターゲットを七日間観察し”実行=死”か”見送り=生かす”か決めることが仕事(ただし、殆どの場合”実行”なのだが)で、

今回のターゲットである藤木一恵(小西)は、愛する者が次々に死んでいく薄幸な女性。

いつものように”実行”する筈だったが、千葉は”見送り”にした。

数十年後、千葉に与えられたターゲットは70才の美容師(冨司純子)で、その美容師こそ藤木であったが…

[end]

総評

最後のシーンで藤木(冨司)が死神に”こんなに永く生きていて良かったのか?”

との問に死神が”良かったんじゃない”と振り返って答えたときに

藤木(冨司)が若いときの藤木(小西)になって満面の笑みを浮かべていた姿は、それまで小西演じる藤木が一度も笑顔を見せていなかっただけに、とても印象に残りました。

それと藤木(小西)が歌った「sunny day」はピアノのイントロが始まると聴き入ってしまいます。

この映画は、生と死を見つめることによって、生きることの喜びを伝えたかったのでしょうね。

[exclamation]

ていうか、明日学校じゃん

映画を見ているどころじゃなかったかも、でも小西さんの笑顔がとても良かった(^^) 

お薦め度 ★★★★☆

 


コメント(0) 

映画2本立て [私生活]

今日は朝から映画を2本観て来ました。

誰も守ってくれない

劇場による作品紹介

殺人犯の妹になった少女と、彼女を保護する刑事の逃避行を通じて日本社会の理不尽さを問う社会派ドラマ
平凡な4人家族の船村家で、ある日、一家の未成年の長男が小学生姉妹殺人事件の容疑者として逮捕されてしまう。東豊島署の刑事・勝浦(佐藤浩市)は容疑者家族の保護を命じられ、保護マニュアルに従って15歳の沙織(志田未来)をマスコミの目、そして世間の目から守るため、ホテルアパートマンションと逃避行を始める。
過熱するマスコミ報道と容疑者家族の保護をテーマにした問題作。

出演:佐藤浩市 志田未来 

予想以上に完成度の高い映画でした。 

しかし完成度に反して興行的には伸び悩む作品となってしまったようです。

それは、あまりにもテーマが重すぎることが、却って客足を鈍らせたのかも知れません。

さて、

この映画の見所は、何と言っても「志田未来」扮する沙織の感情の変化です。

前半は自分の置かれた立場がなかなか理解できず、中盤での自分の立場をようやく理解し始めた頃にボーイフレンドから受けた冷たい仕打ちに打ちのめされ、そして終盤では沙織の心の成長が見て取れます。

オフィシャルサイトにも書いてある通り すべてを受け入れたとき、人は、静かに、強くなる。 が、この映画のテーマ主演の2人がともに印象に残るとても良い作品でした。

プリメロのお薦め度★★★★☆

[晴れ]

20世紀少年~第二章~最後の希望

劇場による作品紹介

人気漫画家・浦沢直樹の大ベストセラー・コミックを、総製作費60億円をかけ、全3部作として実写映画化したサスペンス巨編の第2作。
“血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間が行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は救世主と崇められていた。高校生になったケンヂのめいであるカンナ(平愛梨)は、そんな“ともだち”中心の国家に反抗し、問題児とみなされてしまう。
“血の大みそか”から15年が経った2015年を舞台に、秘密基地のメンバーたちと“ともだち”による新たな攻防が展開する。

出演:豊川悦司 平愛梨 

第一章の出来が良かった分、今回の作品は期待はずれでした。

この第二章では何を訴えたいのか、私には全く伝わりませんでした。

ひょっとしてこの第二章は原作を読んでいる人なら楽しめるのかも…

ところで、今回この映画では私のブログで過去にUPした画像が二箇所登場します。(たぶん)

木更津東映 と 湊漁港 ですが さて、どこで登場したかでしょうか?

今回は最終章に期待して★一個おまけして置きます。

プリメロのお薦め度★★☆☆☆

さすがに2連チャンは尻が痛いかも(>_<)


コメント(6) 

ほのぼの [私生活]

今日はお休みを取って、娘の小学校最後の授業参観に行ってきました。

もう、こんな機会は無いのかと想うと寂しい気もしますが

あと一月もすれば卒業式

もう既に涙腺が緩み始めたりして

そんなことを考えつつ

平日の休みと言うことは、

チャ~ンス

例のラーメン屋に3㎞の道のりを自転車で行って参りました。

何処って、ほら梅の家ですよ。

梅割2杯と大盛りラーメンに薬味で1,250円也(お酒飲んだので帰りは押して帰ったよ!!)

代金の内訳 

大盛りラーメン薬味入り700円

梅割300円(一杯目はナッツ付)

梅割お代わり250円

帰りは、ほろ酔い気分に自転車を漕いで帰りました。

房総半島側からの浦賀水道の眺望

IMG_0200 浦賀水道1.JPG IMG_0201 浦賀水道2.JPG

今年は受験生として考えさせられることが多く、何か鬱積した日々が続いてましたが

思いがけずやって来た休日を ほのぼの と過ごしています。

うん、明日も頑張れる!


コメント(4) 

レッドクリフ [私生活]

12月7日の日曜日は エイクスワイジー・シネマズ蘇我 で、 レッドクリフ を観てきました。

ていうか、まだ赤壁で戦っていませんが

それはPrat2でのお楽しみということで4月に公開予定だそうです。

劇場による作品紹介

はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、諸葛亮孔明(金城武)と周瑜(トニー・レオン)はともに協力し、連合軍を結成。だが連合軍の数はわずか6万、片や曹操の軍勢は80万で、その兵力の差は誰の目にも明らかだったが……。

もう少し詳しく歴史上の背景を説明すると

西暦184年頃の中国では、後漢末期にあり皇帝の権力は無いに等しく、その権力は宮中を仕切る宦官に握られていた。

また、国内に目を向けると黄布の乱により中国全土が内乱状態に陥ってた。

その乱れた漢王朝を憂いて立ち上がろうとしたのが、漢の皇帝の流れを汲む血筋の末孫で今は落ちぶれて農民に身を落としている「劉備」であり、その人物に惚れ込んで「関羽」と「張飛」が義兄弟の契りを結ぶ、そして三人は近くの桃園で酒宴の席を設ける。これが世に言う「桃園の誓い」です。

その後、劉備が新野の城主であるときに領内に住む大賢者という諸葛孔明に逢いに行くが1、2回目は留守で逢えず3回目にしてようやく逢うことが叶い、その時に私を助けてくれまいかという劉備の願いに対して孔明は、「私の様な一農夫に対して三顧の礼を尽くしてくれたことに報いるためにお仕えさせていただきます」と返事したそうです。これが世に言う「三顧の礼」です。

その頃、呉では孫権(孫子の子孫)によって納められており、その水軍提督が「周瑜」でした。

あっ、「曹操」について忘れる所でした。曹操はこの時すでに中国全土の6割以上を治めており、漢の皇帝も丞相である曹操には逆らえずいいなりの状態でした。

また、赤壁の戦いの後に劉備が蜀を建国し、これにより『魏の曹操』『呉の孫権』『蜀の劉備』によって孔明が唱えた国家3分の計が実現するに至ります。

観た感想

監督がこの映画のテーマは、「勇気」「友情」「愛」と明言しています。

勇気は、大軍に立ち向かう勇気、同盟を信じる勇気?、死も恐れない勇気?辺りを伝えたいのでは

友情は、孔明と周瑜の友情を描こうとしているが、三国志での友情といえば当然ながら桃園の誓いの3人も見逃せません。

愛は、周瑜と小喬との愛、劉備達の領民に対する愛という形で伝えようとしていると思います。

あと、この映画の中心にいるのが周瑜と孔明ですが、Prat1では周瑜を中心に話しが展開しているように見えました。

たぶん曹操の小喬に対する想いを描写するためなのでしょうが、あくまでも赤壁の戦いは天才軍師孔明のデビューであり、孔明なしでは語れないのです。

それを考えるとPrat2での孔明からは目が離せません。

Prat2では、赤壁の戦いのメインとなる水上戦は、あっと言う間に終わってしまうので、戦後処理に時間が費やされるのではないかと考えています。

私の予想ではPrat2開始30分位で水上戦を終わらせ、戦後処理の中で3つのテーマを伝えて行くのではないかと思います。

いずれにしてもPrat2が楽しみです。

おまけ

20世紀少年のPrat2が1月末に公開で、しかもPrat3も有りそうだし

レッドクリフのPrat2も4月公開だし

観に行く暇があるかなぁ~

[映画]

プリメロのお薦め度★★★★☆


コメント(4) 

ごめん [私生活]

映画のタイトルですよ。 

CS放送の日本映画専門チャンネルで『ごめん』を観ました。

ごめん(02年)

出演:久野雅弘 桜谷由貴花他

スカパーガイドによる作品紹介 

中学2年生の女の子(直子)に一目惚れした小学6年生の男の子(七尾)が、奮闘しながら成長していく青春コメディー

あらすじ 

大阪に住む七尾が親戚夫婦のいる京都に行ったとき

お店の窓際でうたた寝してる直子に一目惚れしてしまう。 

その時はロクに喋れなかった七尾が、どうしてももう一度直子に逢いたくて京都へ

そして直子がお店で「直ちゃん」と呼ばれていたことだけを頼りに京都中を探し

遂に直子の家を見つける

そこでは父の経営する喫茶店で働く直子の姿が

その後 

一度は恋人としては見れないと振られてしまうが

直子が延岡に引っ越すことをきっかけとして

七尾が直子への一途な思い告げる。

印象に残った場面は、直子の父に直子への想いを爆発させるシーンで

‥ 

初めて会ったときに、一目惚れして

二度目に会ったときに、二目惚れして

その次に会ったときに、もっと惚れたんだ

‥ 

と絶叫したところです。

その時の七尾の感情は良く判るけれど、私が小学6年の頃にそんな行動力はありませんでした。

七尾君が羨ましい。

プリメロのお薦め度★★★☆☆


コメント(2) 

小春日和の中で [私生活]

房総半島の紅葉も終わり周りの風景も次第に寂しくなってきました。  

裏山を散策しながら目に付いた草花などの画像をデジカメに納めたので、その画像をUPしてみます。

撮影日11月29日

IMG_0111 冬の堰9.JPG散策に出掛けた当日は絶好の小春日和

木の電柱が昭和の頃を思い出させる。

堰から流れ出る小川

IMG_0115 冬の堰8.JPG  IMG_0114 冬の堰7.JPG

小川にはシダや苔がビッシリと生えています。

ちなみにここら辺は蝮の宝庫なので夏場に軽装で近寄ることができません。

この時期は殆どの草花が枯れ、見て楽しめる野草はないのかと言うとそうでもないみたいです。

IMG_0125 冬の堰2.JPG  IMG_0124 冬の堰3.JPG

名前は判らないけれど昔からよく見かける花々

IMG_0119 冬の堰4 タカサゴユリ.JPGお嬢が山ぶどうの実だと言って食べてました。

インターネット検索によると「タカサゴユリの実」

 誰が何と言おうとカラスウリです。IMG_0118 冬の堰5.JPG 

IMG_0121 冬の堰6.JPGはて、これは何の実でしょう?

最後に日本が戦争をしていた頃の名残でもある石切場を利用した防空壕IMG_0110 冬の堰1.JPG

正面奥にはトンネルがあり、トンネルの中は予想以上に広かったです。(さすが防空壕)

あと、画像にはありませんが戦争当時は高射砲が配備されていた断崖もあり、この国で戦争があったことを実感させられます。

小春日和の中で山道を散策したら、何か心を洗われる気分になりました。

過去にもこの裏山を題材にした記事があります。そちらもご一緒に御覧下さい。

http://yume-akiramenaide.blog.so-net.ne.jp/2007-12-02-1

[イベント] 

あと、何日かすれば発表です。

受かっていようがいまいが、心の準備は出来ている。

でも、やっぱり受かりたいよね。


コメント(4) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。