So-net無料ブログ作成

債務控除アウトプット [相続の部屋]

相続の部屋を再開します。

今日から理論書きをワード入力による方法に替えて、手書きで得られる効果と比較して、どの位効果が有るか暫く試してみようと思います。

理サブを基本としていますが、「覚えやすく」「書きやすい」ように修正を加えています。

応用理論、事例理論対策として、条文番号も覚えるのでタイトルに条文番号を書くことにします。

問13 相続税の債務控除

〔1〕趣旨

〔2〕適用者及び範囲(法13)

(1)無制限納税義務者

(2)制限納税義務者

〔3〕控除すべき債務(法14)

〔4〕控除が認められない債務(法14法13

平成20年8月29日付で記事本文は自粛します。


コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
kobarin

こんばんは。
私も相続税法は、パソコンでの理論打ちやっていました。
会社での昼休みに、ちょっと早めにお昼ごはんから戻ってきたときなどは「15分で一題入力!」といった感じでキーボードをパカパカ叩いて、同僚から冷たい視線を浴びていました(笑)。

個人的には、暗記の確認にはパソコン入力は良かったのですが、一回目の暗記の際には一応手書きで書いていました。
オリジナルの理論ノートは、やっぱり税法の深い理解には不可欠でしょうね。「相続税の達人になろう!」のHPにもオリジナルのものがあって感心したことがあります。
http://www.h6.dion.ne.jp/~tax11/
私の場合、TACの理論マスターで理サブにないものを理サブに書き加えたりなどはしていましたが・・・、そこまでは手が回りませんでした。
by kobarin (2006-12-23 20:50) 

プリンスメロン

kobarinさn、おはとうございます。
パソコン打ちをやっていた人がいるのは心強いです。実際2~3問入力してみて、頭の中からアウトプットするイメージが手書きの時のそれに近く、そこそこ効果があるのかなと感じているので暫くやってみようと思います。
何年もやっていると手書きは何回もやっていますし…まあ、今年も1回は実際に書いてみます。

あっ、私も理マスで補完しています。還付の理論などは半分以上が理マスになってしまいましたし、開示は理サブに無いものです。
大原とTACって、理論でも掘り下げるところが微妙に違いますね。
来年は横の繋がりの理解を重視して、理論学習を進めてみます。
by プリンスメロン (2006-12-24 07:11) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。