So-net無料ブログ作成

固定資産税~第4回講義~ [固定資産税]

昨日は、固定資産税~第4回講義~を受講して来ました。

朝、通学の電車が人身事故のため途中駅で立往生してしまい、モノレールなどを使って教室に辿り着きました。

普段から講義開始1時間前くらいに教室に入っていたので、講義開始時間には間に合いましたが疲れました。

講義内容

1.ミニテスト第3回(制限時間25分)

理論 問1-1課税客体中〔4〕の償却資産の意義をベタ書き

計算 家屋の減額する税額計算(法附則16②)   不等号を間違えてマイナス1点です。

2.理論講義

問1-2課税団体について。〔1〕原則〔2〕例外の解説を行う。

3.計算講義

(1)宅地の計算の概要、(2)住宅用地の税額計算

今日から固定唯一の論点といえる土地の計算ですが、初めて聞く用語がポンポン飛び出して、いよいよ固定ワールドに入って来ました。

この用語の意味が判れば、あなたも立派な固定受講生になれます。

①負担調整措置②負担水準③据置措置④小規模住宅用地⑤引き上げ措置⑥上限・下限⑦本来の税額の課税標準⑧宅地等調整固定資産税額

宿題:チェック1 問16ー17、総合問題1(ようやく簡単な総合問題が解けるみたい)

 

講義終了後

相続税法個別計算問題集相続税法令通達集を購入しました。

今月は逐条解説を購入したり、改正に関する調べ物をしたりと条文を引く機会が度々あり、さすがに平成17年度版の法規集で堪えられなくなったので平成19年度版を購入しました。(何か毎週本を買ってます)

昨日は疲れたので自習教室には入らずそのまま帰宅しました。


コメント(9) 
共通テーマ:資格・学び

コメント 9

コメントの受付は締め切りました
ぼんた

プリンスメロンさん、おはようございます。

固定資産税用語がいっぱいで懐かしくなってしまいました。
少しだけなら、また勉強したいかもと思ってしまいます。

今年の法規通達集(中央経済社のもの)は去年までのと違って紙質が良くなった分、使い勝手が良いと思います。
蛍光ペンで引いても裏にうつらなくて非常に快適です。

通信なので総合計算問題集(外販)も既に手許にありますが、3000円で17題も入っているだなんて、なかなか良心的な値段設定だなと思ってしまいました。
by ぼんた (2007-09-30 09:54) 

プリンスメロン

ぼんたさん、おはようございます。

固定はいま結構面白いです。土地の論点はしっかり復習して置かないと次回の講義で判らなくなりそうです。
そう言えば、ここ数年は法規集に書き込みをしていません。マンネリ学習はいけませんね。
総合計算問題集は実判期くらいのレベルの問題なので、それまでには3回転終わらせますが、解き始めるのは12月頃の予定です。(その頃購入予定)

ぼんたさんブログは、良いことを沢山書いてあるのでコメントしたいのですが、コメント欄なしが少し痛いです。
しかし、法人を学習し直すという記事にギョッとしてます。
そんなにやるのですか?ぼんたさんの学習量は、私にはあり得ないです。
PS:山本守之氏の要説法人税法なら10年前に読みました。
by プリンスメロン (2007-10-01 07:04) 

ぼんた

プリンスメロンさん、こんにちは。

総合計算問題集は早速宿題になっているので、しっかりと解いていきたいと思っています。
でも、一般チェック3程度でかなり時間がかかるようになってきてしまっているので、もう少し時間短縮しないと今後 財産評価・課税価格の特例計算等が出てきたときに時間内に終わらなくなりそうです。
相当、練習を積まないとまずそうな科目ですね。

コメント欄、実は最近迷いが出てきています。官報合格したらブログはやめるつもりなので、その前にコメント欄を作ってちょっとブロガーっぽいことをしようかな?とも思っています。もしかしてもう少ししたらコメント欄ができているかもしれません。

一応、官報合格したら就職⇒今まで専念でいた分仕事に燃える、ということを考えているので、今のうちに読める本は読んでいかないとまずいなと思ったのです。でも、色々な税法を知った上で法人税を勉強すると、また違った視点が見えてきて楽しいですよ。
by ぼんた (2007-10-01 12:59) 

プリンスメロン

ぼんたさん、こんばんは

>相当、練習を積まないとまずそうな科目ですね。
チェック10回転すれば充分練習を積んでますが(^^;)
私も最初の頃は、相続計算のスピードアップに苦労しました。
簡単には説明できませんが解答方法の中に素読み段階で、問題文に『書き込む派』と全く『書き込みをしない派』に分かれ、また、『折衷派』という受験生もいます。
一番多いのは折衷派かな?
私の場合は書き込む派ですが、かなり細かく書き込みをします。消費税の仮計表に割く時間と仮計表からの転記に近い作業になります。
本試験でも10分から13分位は書き込みで、計算に掛ける時間は60分前後です。講師は理論50分計算70分と言ってますが、私は理論60分計算60分です。

発表迄あと2ヶ月少々です。早期のコメント欄の開放を希望します(^^)

確かに私も法人税上がってから何年も経っているので、組織再編や連結納税などその後に出来た規定については、良く判らないことがままあります。
私もそういう所を学習したいとは思いますが、残念時間が足りません。
合格したら真っ先に所得をやりたいし、まあ税理士になれば生涯学習なので、その先の学習時間はたっぷり有るからその時まで取って置きます。
by プリンスメロン (2007-10-01 23:13) 

ぼんた

プリンスメロンさん、おはようございます。

早速、過去の記事2件だけですがこっそりコメント欄を開放してみました。
(一括してコメント欄を開放するやり方がみつからないので、少しずつ変えるかもです。)

私の解き方は計算用紙フル活用・問題文には一切何も書かない方法です。どの科目でも、問題文に書き込みをほとんどしたことがないので、一番慣れてしまっている方法です。

それにしても、あの計算のボリュームを60分で解けるようになるんですね・・・。
今の実力だと、取引相場のない株式が入っただけでいっぱいいっぱいになってしまいそうです。
プリンスメロンさんを目指して精進したいと思います。
by ぼんた (2007-10-02 11:18) 

ぼんた

プリンスメロンさん

大切なことを忘れていました。
リンクさせてもらっても良いですか?
by ぼんた (2007-10-02 11:29) 

プリンスメロン

ぼんたさん、こんばんは

早速のコメント欄の開放ありがとうございます。
さっき見たら既にちょめさんがコメントしてました。開放したらしたでぼんたさんの場合はコメントが多くなる気もします。(訪問者が)

国税3法の全てに言えることだと思いますが、ある程度の計算過程(配点が無い又は重要度が低いと予想される箇所)は端折る必要があると思います。
例えば、生命保険金等の非課税金額の計算上、限度額計算で相続人各人に按分する算式を立てず、電卓で算出した按分後の金額を直接金額欄に記入しています。
固定でそれをやったらアウトですが、相続では有りです。
ところで私は所詮上位30%レベルなので、是非その上を目指して下さい。

リンクの件はこちらこそ宜しくお願いします。
私もリンク貼っていいですよね(^^)
by プリンスメロン (2007-10-02 22:41) 

ぼんた

プリンスメロンさん、こんばんは。

リンクの件、こちらこそよろしくお願いします。

相続税は結構端折って大丈夫なんですね。
でも、現段階で端折ると点数が悪くなりそうなので、とりあえず当分はしっかり書くことを心がけたいと思います。

ところで、非課税金額で端数が出た場合にはどのように対処なさっていますか?
私は計算過程欄に××.××円→××円と書いて、金額欄に転記しているのですが、直接金額欄に記載するときにどのようにしているのか非常に気になります。
(すみません、教えてちゃんになっちゃいました)
by ぼんた (2007-10-02 23:36) 

プリンスメロン

ぼんたさん、こんにちは

基本的に端折るところは、答練で配点の無い計算過程ですが知っているかをアピールするところはきちんと書きます。
例えば、家屋の1倍評価は、固定資産税評価額そのままですが、
1,000,000円*1.0=1,000,000円
は書いています。

>非課税金額で端数が出た場合にはどのように対処なさっていますか?
O原では小数点以下は計算過程に記載せず、電卓上で小数点以下の端数が多い順に切り上げ若しくは切り捨て処理をして、合計で円単位まで合わせて限度額を記載します。
私の場合その計算過程までも端折っているので、金額欄に調整済みの限度額を記載します。

PS:家に帰ったらリンク貼らして貰います。
by プリンスメロン (2007-10-03 10:45) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。