So-net無料ブログ作成

ちび太について [猫記事]

実は、

今までブログでお伝えしていませんでしたが、今年の6月7日ちび太が交通事故に逢いました。

それは夜8時半頃のこと

庭でちび太の鳴き声がしたのでサッシを開けると、いつもなら勢いよく飛び込んでくるのですが、その日は違いました。

飛ぼうとしたのですが、飛べず腰砕けになってしまい上がってこれないのです。

その時点で様子がおかしいのに気づき、抱き上げて部屋にいれると明らかに後ろ足が変でした。

一瞬にして一刻を争う状態だと確信し、夜間救急を行っている動物病院を手当たり次第に電話で当たってみましたが、1時間以内に行ける距離の動物病院が有りませんでした。

ようやく動物病院を見つけ即出発したのが9時過ぎで、10時半ころに動物病院に到着してようやく診察を受けました。

診察結果は、両足大腿部骨折、脊髄ズレ、尿道破裂でした。

生死にもかかわる程の重傷です。

動物の場合は人と違い即緊急手術とは行かず、数日状態を確認してから手術を行う様で、その日は点滴を打ってそのまま入院しました。

それから3日後

手術において輸血が必要なためレッチから採血して、手術を行いました。

手術は、脊髄のズレを針金のような物を入れて脊髄を補強し、かつ、体内に充満した尿を取り除いた上で破裂した尿道を切除して残りの尿道を繋げるという処置を行いました。

手術は7~8時間に及びましたが一応は成功でした。

ただ残った尿道もボロボロの状態であったためカテーテルという管を尿道内に通している状態です。

手術後2日目の様子

手術から約2週間後に良くなった訳では無いのですが、動物病院全体でインフルエンザが流行し、ちび太もインフルエンザに感染して瀕死の状態での退院でした。

慣れないながらも家族全員の懸命な看病により7月の終わり頃には、ようやくカテーテルが取れる所まで回復しました。

これはお盆休み頃の記事にアップした画像です。 

手術の時に前足と腹辺りの毛を剃った跡が判ります。

そして、この写真を撮った翌日、今度は尿閉塞です。

今度は、残りの尿道も殆ど炎症を起こしてしまい機能していないと診断され、今回は膀胱から僅かだけの尿道を腹の辺りに出す手術を行いました。また、カテーテルを入れての介護の日々が始まりました。

1週間前までは、こんな状態でした。

今週の木曜日にカテーテルを除去しましたが、今日も通院して点滴を行いました。

今、ちび太は元気ですが、今後また尿閉塞が発生すればもう駄目かも知れません。ひょっとしたら、そのまま尿閉塞が発生しないで済むかも知れません。

どう転ぶか判りませんが、飼い主として、家族として、愛情を持って精一杯の介護をしてあげたい。


コメント(10) 
共通テーマ:ペット

コメント 10

コメントの受付は締め切りました
おあ@ma-saさんち帰り

プリメロさん、こんにちわ♪

う、、プリメロさんちのちび太ちゃんもうちのメルちゃんと
同じような事故に会っていたんですね。。TT
完治するよう心より祈ってます。(ー人ー)

うちの方は良く聞いてみたところ、腎臓が機能しなくなり毒を
排出できず、どんどん体内にたまってダメになってしまったということでした。。

そいえばなんですが、プリメロさんの提案ありがたく頂戴いたしました。
最初ma-saさんちで案を練って、帰宅してからそれぞれ書く、というような意味と勘違いしていて、その日は何も書いてませんでしたw

昨日の夜になってやっと気づいて、今朝はとある事情のため早く
起きなければいけないのに、寝るのがちょっと遅くなっちゃいましたw

3日くらいで連休のことを記事にしてこうと思うので
楽しみにしていてくださいね~。
楽しくなかったら、いつもどおりばっさりやっちゃってくださいね~w

また遊びにきまっすね♪
by おあ@ma-saさんち帰り (2007-10-08 16:46) 

ミー

プリンスメロンさん、こんばんは。

ちび太ちゃん、大変ですね。
交通事故、怖かったでしょうね。
そして、今も体がつらいでしょうね。
そして、プリンスメロンさんご家族も、
大変な毎日で・・・・。

なんて言っていいか、わかりませんが、
ちび太ちゃんの回復をお祈りしてます。

猫ちゃんは、自由に外に出られる反面、
交通事故が心配ですね。
私も、道路を渡ろうとする猫ちゃんを見ると
ついつい心配で、渡りきるまで見送りますが・・。

また、ちび太ちゃんの元気な姿が
見られるように祈ってます。
by ミー (2007-10-08 19:44) 

プリンスメロン

おあさん、こんばんは

ちび太のお見舞いありがとう。
でもね完治することは無く、あとどれだけ生きられるかと言う状況だと認識しています。
事故後は、それまで以上に愛おしさを感じます。
だからオムツを替える時や薬を飲ませる時は、頑張れと声を掛けながらやってます。

そうそうma-saさんとの三日間の記事楽しみにしてますヨ
by プリンスメロン (2007-10-08 21:34) 

プリンスメロン

ミーさん、こんばんは

恐らく『ちび太』も事故に逢った時怖かったと思います。
だって、後ろ足を引きずりながら私に寄り添ってくるのです。しかも、小刻みに震えていました。

事故後ずっと家から出していないので、外に出たそうにしています。
昨日は天気が良かったこともあり、猫籠を抱えて外に散歩に出ました。
少しはストレス発散したかな?
お見舞い有り難うございました。
by プリンスメロン (2007-10-08 21:44) 

りっか

プリメロさん、こんばんは。

ほんと、痛かったでしょうね・・・ いまもしんどいでしょう・・・
胸が痛いです。
って、プリメロさんはじめ、ご家族のほうがもっともっと
居たたまれないお気持ちですよね。

完治は難しい、のですか・・・
私は猫ちゃんと過ごしたことがないので
詳しいことはわからないのですが、でもでも
一日も早く元気になってくれることを願わずにはいられません。
by りっか (2007-10-08 21:58) 

プリンスメロン

りっかさん、こんばんは

いま『ちび太』はパソコンの後ろで網戸越しに外を見て、鈴虫など秋の虫の鳴き声を聞いています。
『ちび太も』ここ数日は落ち着いた状態が続いて、家族も一息ついた感じかな
でも生き物を飼う時は、こんな事も覚悟しなければいけないのですね
改めて実感しました。
お見舞い有り難うございました。
by プリンスメロン (2007-10-08 22:44) 

さすらいままん

プリメロさん、こんにちは。
読んでいて涙が出そうになってしまいました。。。

私も動物大好きです。
実家にいた頃、家の前で泣いていた見知らぬワンコを拾ってしまいましたし(今も実家で元気)。

プリメロさんが、やさしくちび太ちゃんを介護している様子が目に浮かびます。
ちび太ちゃんも、体はとても辛いことと思いますが、すてきな飼い主さんに愛され、とても幸せですね。
元気になれるよう、私もワンコとともにお祈り申し上げます。
by さすらいままん (2007-10-09 16:43) 

プリンスメロン

ママンさん、こんばんは

お見舞い有り難うございます。
悔やまれる事故ですが、生き物を飼えばどうしてもお別れがあります。
犬猫の場合は行方不明になったまま、帰ってこないこともしばしばです。
それを考えると心の準備が出来るのは、ある意味幸せなのかも知れません。(でも残酷かな…)

くよくよしても仕方ありません。
今オムツはしているけど、元気に家の中を自由に歩き回っています。ですからあまり悲観的な事は考えない様にしています。
by プリンスメロン (2007-10-09 20:18) 

匿名希望

すんまんせん
背景が黒いと
読んでるこちらも気分が暗くなるので
明るい背景に変えていただけないでしょうか?
by 匿名希望 (2007-10-11 14:53) 

プリンスメロン

ご要望にお答えして、スキンを替えてみました。
ハロウインは如何?
by プリンスメロン (2007-10-11 19:56) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。