So-net無料ブログ作成

理マスサブ [相続の部屋]

今年は理サブベースの理論暗記から理マスとの良いとこ取りを考え、理サブと理マスの混合理論で行くことを話しましたが、先日ようやく相続時精算課税の理論に関して、ほぼ完成したので公開します。

題して理マスサブ

 《参 考》

色分けについて、大きなタイトルは柱挙げを意識して、タイトルを緑色にしています。

また、本文中で含むのカッコ書きは茶色に、除くのカッコ書きは青色に、その他のカッコ書きはピンク色にしています。

あと、タイトル横に付記してる条文番号は、暗記上目立たない様にするため水色となっています。

  

相続税法に規定する相続時精算課税

1趣旨

2相続時精算課税の選択

(1)内容(法21の9)

(2)届出書の提出(法21の9②、令5)

(3)届出書の効力(法21の9③④⑤⑥)

3相続時精算課税に係る贈与税額の計算等

(1)贈与税の課税価格(法21の10)

(2)贈与税の特別控除(法21の12)

(3)贈与税の税率(法21の13)

4相続時精算課税に係る相続税額の計算等(法21の15、21の16)

5相続時精算課税に係る相続税の納付義務の承継等(法21の17①)

6相続時精算課税選択届出書の提出の承継等(法21の18①)

7用語の意義

 

こんな感じのものを暗記用として、B5版のコピー用紙に印刷し、4つ折りにして持ち歩いています。

おまけ

用語の意義に続いて、こんなものを書いてます。

《芋づる式暗記》

1.相続時精算課税において適用される贈与税の規定

法21の11で相続時精算課税は贈与税の規定のうち、暦年贈与による次の規定を適用除外としている。この3つのみ除外しているので、他の非課税規定などはある。

適用がない制度

①贈与税の配偶者控除、②贈与税の基礎控除(110万円)、③暦年課税の税率

もう一つ注意! 開始年分の贈与についての取扱いは暦年贈与と一緒ではあるが意味合いが違う。

④開始年分の贈与の非課税(精算課税は申告書の提出が不要なだけ)

適用がある制度

①扶養義務者相互間、②公益事業用財産、③心身障害者が給付金を受ける権利、④信託受益権の6千万円非課税

まだまだ続きがありますが1コだけ公開!

あとは企業秘密

平成20年6月23日付で記事本文は自粛します。


コメント(4) 
共通テーマ:資格・学び

コメント 4

コメントの受付は締め切りました
蘭

こんばんは~

今私も、主に事業税で理マスと理サブと条文のコラボに必死こいてます。
事業については、理サブは省くところはばっさり省いているけど、条文から外れた事は書いていないと言うか、うまくまとめている感じなんですよね。。
なんか理マスは細かいところを載せようとして意味が通らなくなっている感じ。。
勉強時間のほとんどをその辺のチェックに費やされている感じではがゆいんですけど、今の時期だから仕方ないかなあ。。

でも、まだ混合理論を作成するまでには至りません。
プリメロさんのわかりやすくてすごいっすね(オドロキ!)
私も頑張んないと。。。
by 蘭 (2008-01-31 01:30) 

プリンスメロン

蘭さん、こんばんは

どーもです。
理サブと理マスがあまりにも違うので、最初はどうしたものかと考え込みました。
混合理論を作るに当たって注意したことは、
覚えづらい=理解しづらい
のでとにかく覚えやすい理論に仕上げようとしたことと
本試験の事例理論の抜き書きを意識して、とにかく柱であるタイトルを明確にすることでした。
それでも、まだまだ道半ばメインは先にある手続の理論なので、どうしたものか現在模索中です。
理サブと理マスの両方を暗記するだけで結構理解できそうですが、混合理論を作ると規定について深く考えるから、混合理論作成は応用理論対策としてもお薦めです。
蘭さんも事業税での混合理論作成を頑張って下さい。

PS:理マスを読んで感じたんですが日本語おかしくない?
by プリンスメロン (2008-01-31 21:07) 

Irene

初めまして(^^)

…っていっても華さんのブログからの流れでちょくちょく見てるんですけど。笑

私も今年の相続はT校で受けてますが、
O原からの浮気者(!?)ということで結構共感できる部分が多いです。

私の場合は理マスベースに消したりつけ足したりしてます。

どっちかと言うと理マスの方が条文に忠実なので好きなんですけど、ま、本試験までには臨機応変に対応できるように頑張りたいと思ってます。

でも、違いを調べるだけで規定について深く考えられるっていうのはとーーっても共感するところです☆
(めんどくさいですが1番のメリットかも…)


長くなりましたが、最後に精算課税の理論について、私の場合はもう1つ、一応政令5条の提出特例も加えていますよ。
むちゃくちゃ簡単にまとめてますが。。。
(…って自分もやってるよ~って?笑)


計算ではやるのになんで理論に載せないんですかね?
去年から疑問だったんですけど。
過去問に出てるから?
大した理論じゃないから?
結構重要だと思ってるんですけどね~実務的に…たぶん。


では、また来ますね~
by Irene (2008-02-01 08:32) 

プリンスメロン

Ireneさん、こんばんは

いらっしゃいませ♪ 初コメ歓迎します。

今年は何故かOからTへ引っ越す人が多いみたいですね!
しかし、昨年の本試験はOの上級生が圧倒的に有利だったと思っていたから、TからOへの引っ越しなら判るけれど正直意外でした。
まあ、Tの方が受講料が若干安いですけど…

政令5条を加えてるの? 思わず条文を確認しちゃいました。
確かに手続重視の理論が出題された場合は、出題実績がある為そのものの出題は可能性が低いですが、加点項目になるでしょう。
それでも私は理論として押さえていません。
もし、理論で出題されたら自分の言葉で書きます。

現在、理マスの手続で気になってしょうがないのは、住宅取得等資金で12月31日まで居住の用に供していない場合と特定同族株式等で確認書を提出しない場合の手続です。
ここら辺が出そうな気がする(^^)
そっか、どちらも贈与税の手続だから、政令5条にも触れる出題があっても不思議ではないですネ。
でも来年以降の相続大改正を考えると出ない気もするし…
眠れなくなりそうです(-_-;)
by プリンスメロン (2008-02-01 22:29) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。