So-net無料ブログ作成

受講生が多いと楽しいね [相続税法]

2月9日は上級土ロンの1月⑧回講義及び2月①回講義(教室受講)でした。

渋谷校に通い始めて1月が経ちました。

最近想うのは都心の講座だと受講生が多いから、地方校にはない張り詰めた雰囲気があって良いですネ。

これからも渋谷校のライバル達に負けないように頑張りま~す

先に2月①回の通常講義について触れて置きます。

1.理論講義

理マス第25問(配偶者に対する相続税額の軽減)、第26問(未成年者控除)、第27問(障害者控除)及び第30問(贈与税の配偶者控除)が範囲でしたが、年内完結コースでほぼ解説し終えているから、今回は第25問の隠ぺい又は仮装があった場合についてのみ解説を行っています。

講師は本試験の計算で隠ぺい仮装は出ないと断言していましたが、出題されても不思議じゃないと思う。

2.計算講義

宅地及び宅地の上に存する権利、立竹木の評価、山林の評価、農地の評価、一般動産とたな卸商品等の評価、気配相場等のある株式の評価について解説を行う。

この日は宅地に関する特殊評価を一通り学習しました。(これで評価明細書をほぼ網羅)

朝の1月⑧回は【上級演習④】です。

1.理論問題(50点)

(1)相続税法上の相続税の非課税財産とその非課税とされる理由(25点)

(2)債務控除(25点)

2.計算問題(50点)

財産評価中心の総合問題でした。

 

私は

理論は先週の演習では微妙な書き間違えがありましたが今回は大丈夫かな

先週の返却答案では非課税の理由にも配点があるので、理サブベースで解答すると各々1点ずつ減点としても8点減点になります。(昨年度の理サブから理由が削除されたため)

私の場合は理マスの長い『理由』を改めて覚える事はせず、一昨年まで理サブに載っていた短い『理由』を復活させて暗記していましたが、結構減点されました。

昨日も理論の出題が相続税の非課税とあって理由でどれだけ減点されるか不明です。

参考までに違いはこんな感じです。

信託受益権の6,000万円非課税の理由の場合

理マス

心身障害者をかかえる親等が、生活能力の乏しい重度の障害者に対して生前に財産を贈与し、その生活の安定を図ろうとしている事情を考慮して非課税としている。

旧理サブ

障害者の生活安定を図るため

計算は2つミスがありました。

企業組合に対する出資を出資額で100千円で評価 →正解は純資産価額140千円で評価

贈与税額控除で加算対象以外のH17年分の贈与を見落としました。

時間配分は理論が57分で計算60分でした。


コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
キラリ

プリメロさん こんばんは。

配偶者の隠ぺい、仮装は私も出てもおかしくないと思います。
時系列で規定が問われた時の柱の一つとしてあるんじゃないかと思うんですけど。

ちなみに私は昨年の第1問の解答に書きました。(笑)

東京の講義は受講生が多いのでしょうね。

私は関西で固定を受けてますが、まぁ~寒いですよ。(笑)
正直言って張り合いがないです。
直前期は上級に行こうかなって思ってます。

それでは、又遊びに来ます。

PS ブログリンクさせて頂いてよろしいでしょうか?
by キラリ (2008-02-11 22:01) 

プリンスメロン

キラリさん、こんばんは

私の予想として『隠ぺい仮装』は、一昨年の本試験で出題された農地の個別問題のような簡単な問題が出題されるような気がします。
それでも『隠ぺい仮装』の計算をやったことが無い人には、解けない問題だと思います。

私も年内は固定を少しかじってましたが、津田沼の固定一般は受講生が15人ぐらいで、同じ日の相続一般の受講生は半分の7~8人位でした。
ここ数年は受講生が絶えず10人未満のクラスに在籍していたので、やる気がもりもり出てきましたよ♪

リンクの件は、こちらこそよろしくお願いします。
早速リンクを貼らせて貰いますネ。
by プリンスメロン (2008-02-12 19:46) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。