So-net無料ブログ作成

事例理論対策~その2~ [相続の部屋]

最近の相続税法の本試験では、理論問題で試験委員の求める解答が規定のベタ書きではなくなった気がします。たぶん、受験生が条文を覚えているか否かではなく、条文をきちんと理解しているかを知りたいのではないでしょうか

だから、現在の本試験では理解していることをアピールする答案が理想なのかも知れません。

確かに柱さえ合っていればベタ書きでも充分な得点が得られるでしょうし、専門学校ではベタ書きを前提に応用理論や事例理論を書く際に、まず概要により何故その規定を書いたのか説明することを薦めています。

しかし、問題なのはこのベタ書きだと解答分量が膨大になってしまうこと、それに伴い計算の解答時間にしわ寄せが来てしまうことです。

昨今の本試験では計算の解答時間として75分から80分位は確保していないと終わらない可能性が出てきます。(60分位で終わる問題の年も有る。)

結果的に理論書き取り時間の理想は40分から45分となりますが、理論用紙を4枚(1枚10分)を40分で書ける受験生は少ないと思われます。

また、ここ数年出題されている事例理論などは考える時間が5分から10分位は必要となり、

残りの持ち時間から逆算すると書ける理論の解答分量は3枚前後が限界と思われます。

そこで 理論用紙2枚半の合格答案 を目指すこととし、いかに理論を簡略するか試行錯誤するようになりました。(実際には3枚くらい書きますが…)

[位置情報]

そんな訳で今回のテーマは解答分量を少なくすることです。 

また、今回は応用理論からの出題ですが解答分量を少なくできれば、そのまま事例理論の対策に繋がると思います。

対象者ブロック

問1

相続税の課税上、相続人が相続開始の時においてその相続に係る被相続人から相続又は遺贈により財産を取得していなかった場合において、被相続人から生前に受けた贈与財産について相続税が課税される場合があるが、その財産について簡潔に説明せよ。(6点)

課税価格+納付ブロック

問2

相続税の規定には、山林及び立木に対して各種特例規定が設けられているが、その特例規定について簡潔に説明せよ。(8点)

作問者の解答はこちら 

問1

(1)特定納税義務者の場合

特定贈与者から相続又は遺贈により財産を取得しなかった相続時精算課税適用者については、その特定贈与者からの贈与により取得した相続時精算課税適用財産をその特定贈与者から相続又は遺贈により取得したものとみなして相続税を課する。この場合の相続税の課税価格に算入される財産の価額は贈与時の価額による。

(2)農地等の贈与者が死亡した場合の相続税の課税の特例

農地等の贈与税の納税猶予があった場合において、その贈与者が死亡したとき(その死亡の時以前にその贈与税に係る受贈者が死亡した場合を除く。)は、その贈与者の死亡による相続又は遺贈に係る相続税については、その農地等の受贈者がその農地等をその贈与者から相続又は遺贈により取得したものとみなす。この場合の相続税の課税価格に算入すべき農地等の価額は死亡時の価額による。

問2

(1)立木の評価減

相続又は遺贈(包括遺贈及び被相続人からの相続人に対する遺贈に限る。)により取得した立木の価額は、その立木を取得した時における立木の時価に85/100の割合を乗じて算出した金額による。

(2)特定(受贈)計画山林に係る特定計画山林の特例の適用

特定計画山林相続人等が、相続又は遺贈(その相続に係る被相続人からの相続時精算課税適用財産に係る贈与を含む。)により取得した選択特定計画山林について、その相続開始の時から申告期限まで引き続きその選択特定計画山林のすべてを有している場合その他一定の場合には、相続税の課税価格に算入すべき価額は、その選択特定計画山林の価額に95/100の割合を乗じて計算した金額とする。

(3)相続税の延納の特例

①相続税の延納期間は、森林施業計画区域内に存する立木の価額の占める割合が2/10以上であり、かつ、不動産等の価額の占める割合が5/10以上の場合には、一般の場合よりも長期間(20年、40年)認められる。

②相続税の利子税は、森林施業計画区域内に存する立木の価額の占める割合が2/10以上である場合、不動産等の価額の占める割合が5/10未満で立木の価額の占める割合が30/100を超える場合には、一般の場合よりも低く(年1.2%、年4.8%)なる。

(注)平易な言葉で簡単に説明できるのが理想だけど用語までは簡単にできないので、問題によって要らない若しくは重要性の低いカッコ書きは省略し、くどい言い回しを分かり易い言い回しに直しています。

それでも時間が足りない場合には、若干の減点が有るかも知れませんが、この解答からカッコ書きを全て除くいても良いかなと考えたりしています。


コメント(4) 
共通テーマ:資格・学び

コメント 4

コメントの受付は締め切りました
じゅん

プリメロさーん
ショートの方の話しだけど、屋形船でドンチャン騒ぎイイネ♪イイネ♪
私もやりたーい!!
by じゅん (2009-02-13 12:35) 

プリンスメロン

じゅんさん、こんばんは

良い案でしょ!
一回屋形船で宴会をやってみたいんですよね。
夏オフの一次会を屋形船なんてのも乙かも
その時はじゅんさんと目一杯話しましょう。

でも何処から乗るのかしら?
深川辺り?
まずは乗る場所から調べる必要があったりして…

ではでは
by プリンスメロン (2009-02-13 22:20) 

じゅん

プリメロさーん
また来たジョ
昨日、車でレインボーブリッジ通ったんだけど、屋形船がキレイに見えましたよ~♪
夜景がカンペキですね!!!!
ぜひぜひ実現させましょー!!!

実は20歳くらいのときに職場の人達と屋形船で宴会したことありました。
もちろんレインボーブリッジなんてない時代だけど。
ちょうどその時は台風が来ていて波があらくて上司が船酔いしちゃって面白かった?です~
あんとき、何処から乗ったかなぁ。。。。
25年も前のことで、じぇーんじぇん記憶にないジョ(大汗)

あの夜景だからきっと人気で予約がかなり入ってるかもですね。

よしっ、それ餌に勉強がんばるぞー!!
楽しみじゃ。

ではでは


by じゅん (2009-02-14 08:10) 

プリンスメロン

じゅんさん、こんばんは

確か20年前のあそこら辺は倉庫ばかりだったんじゃないですか?
だから今とは全然違う夜景だったのでしょうネ。

ところで屋形船では、どんな食事が出るのでしょうか
希望としては江戸前の「ハゼ」「シロギス」「コチ」などの天ぷらが良いなぁ
と色々妄想しております。
やっぱ楽しみがあると頑張れるね!

またね(^_^)/
by プリンスメロン (2009-02-14 21:01) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。