So-net無料ブログ作成

素直になれなくて [相続税法]

相続税法・1月上級 NO.1⑧演習 NO.2①講義

第4回の上級演習について

理論は 

問1は債務控除の個別理論で良しとしたいのですが、問2の解答分量が多く感じたため用語の意義を全てパスしました。

さて問2…解答範囲が訳判らん??

措置法70条関係の事例形式の理論なのですが…

課税関係=非課税以外にも課税される場合も書くんじゃないの

と言うことで悩んだ末、書きまくることにしました。

以後、私が挙げた問2の解答の柱

(1)個人に対する贈与税の課税関係 

①贈与税の納税義務を負う場合(居住、非居住、制限について)

②贈与税の非課税(法人からの贈与についてのみ)

(2)個人に対する相続税の課税関係及びそれに関連する手続 

①相続税の納税義務を負う場合(居住、非居住、制限について) 

②措置法70条の非課税及び課税される場合(特定の公益社団法人又は公益財団法人についてのみ)

③贈与財産が公益事業の用に供されなかった場合等の手続(修正、期限後、国通の適用)

まっ、こんな感じで問2だけで理論用紙3枚も書きました。

理論の所要時間55分

計算は

今までよりも少し難易度が上がったかなと感じる程度でしたが

以前よりも引っ掛けが増えたかな

と考えながら計算も55分で解き終えました。

その出来は完璧だと思っても、あとで間違いが見つかることもあり半信半疑だったのですが

‥ 

納付税額まで合ってました

まだ4回しか答練は済んでませんが、現時点での間違いは上級演習③の時の軽減での間違いのみと

ほぼ完璧な状態

まだ基礎期なので手放しには喜べないけれど、少なくとも計算だけは昨年から一皮剥けたかも

それともTAC馴れしたのかな

そんな素直に喜べない上級演習4回目でした。

気分はシカゴの 素直になれなくて です。

[バー]

午後の講義では、宅地の評価で特殊なものについて細かく解説していました。

宅地の評価は得意にしないとネ


コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
ぽーと

プリメロさん、こんばんは♪

先日は、ブログでありがとうございましたm(__)m
相変わらず成績が高得点で安定してますね。
私もプリメロさんのように効率を考えて解いていかないと~ですね。

シカゴの「素直になれなくて」
聴いていて切ない曲ですが、昔からこの曲好きなんです。
by ぽーと (2009-02-11 20:28) 

プリンスメロン

ぽーとさん、こんばんは

ぽーとさんの参考になればなによりです。
私の方は今のところ良い感じで来ていますが、いつ成績が落ちるかと内心ヒヤヒヤしています。
また、これからの時期は仕事が忙しくなり、それがどれだけ学習に影響するかも心配です。

シカゴの曲で好きなのはこの曲だけですが結構お気に入りの一曲です。
でも、私が二十歳前の頃に聴いていた曲だから、かなり昔の曲なのに良く知ってましたネ。

ではでは

by プリンスメロン (2009-02-12 21:37) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。