So-net無料ブログ作成
固定資産税 ブログトップ
- | 次の10件

DVD補講 [固定資産税]

今日は、これから「固定資産税~第2回講義~」のDVD補講を受けに行ってきます。

長いことO原生をやってますが、DVD補講って予約制で直ぐ一杯になるため今回初めて体験します。

操作は簡単にできるのかなぁ

個室ブースみたいな所で受講するのかなぁ?

興味津々かも

そう言えば、数年前にCS講座を受講したことがありますが、いつの間にか無くなりました。大雨の日に受信出来ないとかの問題はありましたが、テレビ視聴ができる良い講座でした。

その後web講座とDVD講座が開設された様です。未だにweb講座は未経験ですが一度くらいは体験してみたいなぁ(新しもの好き…)

補講終了後には自習教室に入る予定です。(直前期以来かも)


コメント(3) 
共通テーマ:資格・学び

固定資産税~第1回講義~ [固定資産税]

9月8日は固定資産税の開講日でした。

申し込みは、ここ数年MJS経由での申し込みでしたが、今回は久しぶりに開講日当日に受け付けで申し込みました。

そのまま受講教室に向かう途中で、今回の固定講師(私の相続担当講師でもある)と階段でバッタリ!

講師:あれ、今日は何しに来たのですか?

プリメロ:302番教室へ(固定の教室)

講師:え~

プリメロ:へっへっへっ

さて、教室に入ってまず目に付いたのが、山積みになっている固定資産税のテキスト

色が綺麗

ガイダンス

固定資産税を受講するに当たっての注意事項

①固定資産税は条文数が少ないので、テキスト及びチェックは各々3冊で全範囲を網羅してしまう。また、理論サブについても全25問とこれも非常に少ない。

②ボリュームが少ない=完成度の勝負   …らしいです。

③今年の本試験では、計算での合格ラインは50点でボーダーも50点です。

ボーダーが満点と聞いて仰け反りました。(でも本気みたい)

計算満点で理論勝負、これが本試験での固定資産税の戦い方です。(あんぐり)

④条文数が少ないからと言って、合格し易い訳ではありませんし10%の合格率は固定資産税も一緒です。

逆に固定資産税は受験生の完成度が高い分ハイレベルな戦いを強いられると思って下さい。

嘘、本気で厳しいこと言ってるし…   参考記事:嘘つき

来週は受講生が半分になるかも(^^;)

 

講義そのものは論点が無いと思えるくらい簡単なものでした。

1.固定資産税における用語の意義について

2.総合問題の計算パターンとその注意事項について

講義終了後

今年8月からブログ(税理士試験とAg+)を始めた『おあさん』と待ち合わせして、受験や実務に関する情報交換を行いました。


コメント(12) 
共通テーマ:資格・学び

固定資産税の皆さんへ [固定資産税]

今日から固定資産税の通学講座を受講します。

決定です!

これから行くクラスの中で、私にやる気を分けてくれる人募集中です。

出来れば歴戦の強者辺りと情報交換etcしたいな

本気で固定受講の皆さんへ

年内だけの浮気です。本気で固定に懸けている皆さんの邪魔はしません。

1月には相続へ帰ります。(認定狙いになったりして)

皆さんのやる気を貰いに行きます!
コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び

固定資産税ってどうなの [固定資産税]

8月の休養期間も過ぎ、これから9月開講に合わせて学習を再開します。

9月からの予定は相続税の復習をメインにして、その傍ら固定資産税の通学で行こうと考えています。(年内限定プラン)

さて、今回新たに選択予定の固定とは一体どの様な税法なのでしょう。

1.学習前の私の予備知識はこの程度

地方税

申告課税と賦課課税の併用課税

個人については不動産について賦課課税され、法人については不動産が賦課課税で動産が申告課税により課税される。また、法人の動産については毎年1月31日を申告期限とする償却資産申告書の提出義務が有る。

暦年課税

2.O原パンフによる科目の概要によると

固定資産税は、土地・家屋・償却資産に対して課される市町村税です。土地と家屋に対する固定資産税の軽減措置を中心に学習するほか、償却資産の申告手続き・固定資産評価額の決定手続きについて学習します。理論と計算の比重が均等で、出題傾向が安定している科目です。

簿記知識の必要性 なし

学習時間のボリューム 講義時間数120h 計算のみの復習時間数120h 合計240h

1年で合格する為の時間はこの位か? 講義時間数120h 計算のみの復習時間数360h 理論の復習時間数240h 合計720h(固定の受験生レベルを考えるとこれでも怪しい)

参考記事:科目別学習時間のボリューム?

今まで私は、消費→法人→相続と受験して来たので、地方税は学習そのものが始めてです。また、その課税方式が賦課課税方式というのも始めてです。(消費にも賦課課税があるけど、殆どやらなかったし…)

目新しい仕組みの税法と言う意味では、とても興味があります。


コメント(6) 
共通テーマ:資格・学び
- | 次の10件 固定資産税 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。